ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年8月28日 / ページ番号:C065928

令和元年度さいたま市メディカルエンジニアリング講座を開講します!

このページを印刷する

 さいたま市では、医療機器ビジネスの中核を担う人材を育成するため、「さいたま市メディカルエンジニアリング講座」を開講します。医療機器ビジネスへの関心はあるが、参入できていない、すでに参入しているが医療機器メーカーとの取引が広がらないといったお悩みをお持ちの企業の皆様は、自社の医療機器ビジネスの展開を考える機会として、ぜひ本講座にご参加ください
 なお、本講座は、さいたま市と埼玉県が共同運営している「医療イノベーション埼玉ネットワーク」の共催事業として実施するものです。今後も産学医が融合した医工連携ネットワークの形成を図っていきます。

1 本講座の内容

●課題解決プログラム~医療機器業界の道しるべ~(第1回~第4回)

 「医療機器業界へ参入したいけれども、良い案件に出会えない」、「すでに参入しているが、さらなる事業拡大の機会を見つけられない」といった悩みはありませんか。医療機器開発において知っておくべき基本的なことから業界の最新動向までを学び、自社の医療機器業界における現在と将来の取組を考え、実行できる人材の育成を目指します。

第1回 「これだけは知っておきたい医療機器業界のこと」「ものづくり企業による医療機器業界への挑戦」
日時:令和元年9月24日(火曜日) 18時15分から20時30分
会場:新都心ビジネス交流プラザ4階 A会議室(さいたま市中央区上落合二丁目3番2号)
内容:なぜ医療機器業界が注目されているのか、参入の難しさはどこにあるのか、その壁を乗り越えるためのポイントは何か。
   ものづくり企業の参入事例を交えながら医療機器業界の基本を学びます。
講師:株式会社日本医工研究所 テクニカルアドバイザー 菊地 孝仁氏
   株式会社サンアロー 高橋 喜福氏

第2回 「医療機器のリスクマネジメント」
日時:令和元年10月18日(金曜日) 18時15分から20時30分
会場:ソニックシティビル8階 803会議室(さいたま市大宮区桜木町一丁目7番5号)
内容:医療機器開発では、安定した品質と安全性が求められます。
   製品開発から販売、アフターサービスに至るまでのプロセスにおけるリスクの管理について学びます。
講師:東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 医用エンジニアリング研究部 非常勤講師 金本 光一氏  

第3回 「医療機器業界における生き残り戦略」前編
日時:令和元年11月15日(金曜日) 18時15分から20時30分
会場:ソニックシティビル8階 803会議室(さいたま市大宮区桜木町一丁目7番5号)
内容:医療機器業界でビジネスの機会を得るためには自社の魅力を明らかにした上で、医療機器開発との関わり方を決めることが重要です。
   部品・部材供給に徹したい企業、いずれは自社ブランドを開発したい企業など、取り組みの方向性は様々です。
   講義では自社の事業計画を策定する際にヒントになるような医療機器の市場の見方、考え方を学びます。
講師:株式会社ブレインクラフト 代表取締役社長 大野 公正氏

第4回 「医療機器業界における生き残り戦略」後編
日時:令和元年11月22日(金曜日) 18時15分から20時30分
会場:ソニックシティビル8階 803会議室(さいたま市大宮区桜木町一丁目7番5号)
内容:医療機器業界でビジネスの機会を得るためには自社の魅力を明らかにした上で、医療機器開発との関わり方を決めることが重要です。
   部品・部材供給に徹したい企業、いずれは自社ブランドを開発したい企業など、取り組みの方向性は様々です。
   講義では自社の事業計画を策定する際にヒントになるような医療機器の市場の見方、考え方を学びます。
講師:株式会社ブレインクラフト 代表取締役社長 大野 公正氏

●連携プログラム(第5回) 

第5回 連携プログラム
日時:令和元年12月20日(金曜日) 18時15分から20時30分
会場:ソニックシティビル6階 601会議室(さいたま市大宮区桜木町一丁目7番5号)
内容:腹腔鏡手術の変遷と現在の動向、医療者との医療機器開発の実例を学びます。
講師:白岡中央総合病院 消化器低侵襲治療センター長 梅本 淳氏
   株式会社平田精機 代表取締役 平田 稔氏

2 申し込み方法等

参加費

無料

定員

毎回20名程度
申し込み多数の場合は、市内に事業所がある企業、医療イノベーション埼玉ネットワーク会員企業を優先させていただきます。

申込方法

受講申込書に必要事項を記入して、メールまたはFAXでお申し込みください。

申込先

メール entry@j-ikou.com、ファックス 03-5615-9702

※連続講座となっていますが、単発又は部分的な受講も可能です。ただし課題解決プログラムは可能な限り、全4回ご参加ください。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/産業展開推進課 
電話番号:048-829-1349 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る