ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年2月27日 / ページ番号:C052551

平成31年3月から適用する「公共工事設計労務単価」及び「設計業務委託等技術者単価」の運用に係る特例措置等について(情報提供)

このページを印刷する

平成31年3月から適用する「公共工事設計労務単価」及び「設計業務委託等技術者単価」の運用に係る特例措置等について

  平成31年3月から適用する「公共工事設計労務単価」は、平成30年3月から適用している同単価に比して全職種単純平均(全国)で約3.3パーセント、設計業務委託等技術者単価は、約3.7パーセント上昇したところです。これに伴い、特例措置を定めましたので情報提供致します。 

1.対象

○請負工事
平成31年3月1日以降に契約を締結する工事のうち、平成30年3月から適用している公共工事設計労務単価により設計金額を積算しているもの。

○委託業務
平成31年3月1日以降に契約を締結する業務のうち、平成30年3月から適用している設計業務委託等技術者単価により設計金額を積算しているもの。

2.措置の内容

○請負工事
対象工事の受注者は、旧労務単価に基づく契約を、平成31年3月から適用する新労務単価に基づく契約に変更するための請負代金額の変更協議を請求することができる。

○委託業務
業務の受注者又は受託者(以下「受注者等」という。)は、旧技術者単価に基づく契約を、平成31年3月から適用する新技術者単価に基づく契約に変更するための業務委託料の変更協議を請求することができる。

3.変更内容について

○請負工事
変更後の請負代金額については、次式により算出する。
変更後の請負代金額=P(新)×当初契約の落札率
P(新):新労務単価及び当初契約日時点の物価により積算された設計金額

○委託業務
変更後の業務委託料については、次式により算出する。
変更後の業務委託料=P(新)×当初契約の落札率
P(新):新技術者単価及び当初契約日時点の物価により積算された設計金額

4.様式

○請負工事
労務単価の特例措置について(様式)(ワード形式 18キロバイト)
○委託業務
技術者単価の特例措置について(様式)(ワード形式 18キロバイト)

5.特例措置に係る通達(参考)

新労務単価及び新技術者単価の運用に係る特例措置について、国土交通省等の通達です。
○請負工事
労務単価の特例措置について(PDF形式 1,464キロバイト)
○委託業務
技術者単価の特例措置について(PDF形式 1,602キロバイト)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/技術管理課 
電話番号:048-829-1515 ファックス:048-829-1988

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る