ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年3月19日 / ページ番号:C069965

保育士 ~職員採用案内2021~

このページを印刷する

保育士

 保育の業務や地域における子育て支援事業等の業務に従事します。

【主な配属先】
 子ども未来局(総合支援センターひまわり学園等)、保育園、児童相談所 

子ども未来局幼児未来部大久保保育園 黒澤保育士(平成31年度採用)

保育士1       

1.現在の仕事の内容

 現在、2歳児クラスの担任をしています。子どもが、友だちと関わる中で気持ちを伝え合うことや、遊びのイメージを共有することができるよう、仲立ちしつつ見守っています。また、連絡帳などを通してその日の子どもたちの姿を保護者の方々に伝えています。

2.仕事のやりがい

 子どもの成長を感じられた時にやりがいを感じています。話せる言葉が増えてコミュニケーションがとれるようになったり、自分で洋服が着られるようになったりと、日々成長していく子どもたちの姿を間近で見られることがなによりも嬉しいです。

3.職場の雰囲気について

 風通しの良い職場です。相談事があるときに聞いてくれる先輩がたくさんいます。また、休憩時間には毎日のように子どもたちの可愛らしいエピソードを語り合っています。 

保育士2  

4.さいたま市職員を志望した理由

 さいたま市を志望した理由は、「のびのびシティさいたま市」というキャッチフレーズに感銘を受けたからです。さいたま市は都心に近いながらも自然を感じられる場所が多くあり、住みやすい環境にあります。私が生まれ育った場所も自然豊かであったため、親近感を覚えました。また、自然遊びは子どもたちの自由な発想や想像力を無限に引き出します。落ち葉を頭につけて動物に変身したり、砂と水を混ぜて感触遊びを楽しむ子どもたちの表情はとてもいきいきとしていました。このような子どもたちの姿を近くで見るとともに、子どもたちと同じ目線になって感動・驚き・喜ぶことのできる保育者でありたいと思い、さいたま市を志望しました。

5.さいたま市で働く魅力や誇れること

 同期がたくさんいることがさいたま市で働く魅力の1つであると思います。さいたま市は採用する人数が多いので、どの職種であっても多くの人と交流することができるというのが特徴的です。私は研修や同期で集まる機会を通して、プライベートでも一緒に過ごせる気の合う友人と出会うことができました。保育における悩みごとや、どのような製作・遊びをしているのかなど、なんでも話すことができる同期がいるのはとても心強いです。

保育士3

6. わたしのワークライフバランス

 自分の時間を有意義に過ごすため、時間内に業務を終えられるよう工夫しています。休日には市内の温泉を巡って癒されています。

職員採用(人事委員会)のトップページに戻る

この記事についてのお問い合わせ

人事委員会事務局/任用調査課 
電話番号:048-829-1778 ファックス:048-829-1963

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る