ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月30日 / ページ番号:C076277

令和2年度「子どもの提案」制度 第1回結果公表

このページを印刷する

令和2年度「子どもの提案」制度 第1回結果公表

さいたま市では、未来を担う子どもたちから、市のまちづくりに対する提案を聴く機会(ツール)を新たに増やすことにより、子どもからの提案を市政に反映することを目的として、平成28年度から「子どもの提案」制度を新たに実施しております。令和2年度前期は6月15日から7月15日にかけて募集を行いました。

令和2年度「子どもの提案」制度 前期の募集テーマ

1. 誕生20周年‼さいたま市の未来を考えよう‼

 さいたま市は、来年誕生20周年を迎えます。
 これを機に、市民の皆さんの郷土への思いや市民としての誇りや自覚を共有できるような「さいたま市民憲章」の制定を検討しています。
 また、私たちが住む地域への愛着や誇りを持てるような「さいたま市民の日」の制定も検討しています。
 そこで皆さんにお聴きします。

 あなたにとって、さいたま市の誇らしい点、未来に受け継ぎたい点をご提案ください。
あなたがそう思う具体的なエピソードなどがあれば併せてお答えください。 
例)〇〇が豊かなところ、〇〇が全国的に有名なところ、地域で〇〇が盛んなところなど
 ●
将来にわたって、さいたま市をより良いまちにするために、市民みんなが頑張ったほうが良いと思うことをご提案ください。
あなたがそう思う具体的なエピソードなどがあれば併せてお答えください。 例)〇〇に取り組む、〇〇を大切にする、〇〇を目指すなど
 ●もし「さいたま市民の日」があったら、あなたは誰とどんな過ごし方をしますか?「市民の日」にあったら良いと思うイベントやサービスを含めてご提案ください。

2. 自転車を安全に乗るためには?

さいたま市は、全国的に見ても自転車の保有率が高く、自転車が身近な乗り物として、通勤・通学など多くの市民の方に利用されています。一方で、自転車に乗っているときに事故に遭い、大けがをする、命を落としてしまうなどの重大事故も起きており、皆さんと同じ10代の方にも自転車事故が多く見られています。その原因の多くは、交通ルール違反や、スマートフォン等を使いながらの「ながら運転」等によるものです。
そこで、皆さんの考えをお聴きします。
●中学生の皆さんが自転車を安全に乗るために、さいたま市ではどのような取組が必要だと思いますか?皆さんのアイデアを教えてください。

募集結果

1.誕生20周年‼さいたま市の未来を考えよう‼ 143件
2.自転車を安全に乗るためには? 176件

回答

寄せられた提案の概要及び市の見解をまとめ、各区役所情報公開コーナー及び市ホームページで公表します。
類似した内容の提案があった場合まとめて1項目として回答している場合がありますのでご了承ください。

結果公表(結果公表(令和2年度前期)PDF形式 558キロバイト)

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広聴課 
電話番号:048-829-1931 ファックス:048-825-0665

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る