ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年10月15日 / ページ番号:C067776

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

市民の皆様へ(令和元年10月15日)

このページを印刷する

防災 皆さん、こんにちは。さいたま市長の清水勇人です。

 この度の台風19号及び先月の台風15号により、お亡くなりになられた方々の御冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
 今回の台風19号では、荒川などの市内及び近隣を流れる河川が氾濫または氾濫危険水位に達するなど、非常に緊迫した状況となり、市内では、倒木や道路冠水、床上、床下浸水などの被害が発生しました。
 本市では、台風上陸に備え、災害対策本部等を設置するとともに、市内199箇所の避難所を開設し、ピーク時には8,000人を超える避難者への対応を行いました。その後は荒川の水位も下がり、昨日には全ての避難者が帰宅され、避難所を閉鎖したところです。また今日現在、市内に発令されていた気象警報は全て解除されました。
 今後は被災された皆様への迅速な支援が必要となります。国や県等と連携しながら、復旧活動や市民の皆様への支援など、災害対応に全力を尽くしてまいります。

 さいたま市長 清水 勇人

 台風19号の被災者の皆様へのお知らせについて

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/秘書課 
電話番号:048-829-1014

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る