ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月30日 / ページ番号:C069629

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

市民の皆様へ(令和2年1月30日)

このページを印刷する

 皆さん、こんにちは。さいたま市長の清水勇人です。荻原浩さん市長特別賞

 いよいよ、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まであと半年となりました。
 さいたま市では、オリンピック聖火リレーが7月9日、武蔵一宮氷川神社本殿前をスタートし、さいたま新都心公園に至る16区間3.3Kmのコースで実施されます。
 また、本市は、人気競技であるサッカーとバスケットボールの開催会場となります。サッカーは「埼玉スタジアム2〇〇2」で男子準決勝・3位決定戦を含む11試合が、バスケットボールは「さいたまスーパーアリーナ」で全ての試合である52試合が行われ、大会期間中は約160万人の方々が本市に訪れることが見込まれています。そのうち、約20パーセントにあたる約30万人が海外からのお客様です。
 現在、大会の開催に向けて、市内でのイベント開催や都市装飾等、気運の醸成に努めています。国内はもとより、世界各国から訪れる多くの方々に、しっかりと「おもてなし」をすることで、本市の魅力を発信する絶好の機会にしていきたいと考えています。皆さんのご協力をお願いいたします。

 さいたま市長 清水 勇人

 オリンピック・パラリンピックについて
 オリンピック聖火リレー詳細ルート・ランナーについて
 さいたま市の取り組みを紹介する動画もぜひご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/秘書課 
電話番号:048-829-1014

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る