ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年12月15日 / ページ番号:C077179

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

“絆”現場訪問 12月8日 県立特別支援学校さいたま桜高等学園

このページを印刷する

1【訪問先の特徴】    
・知的障害特別支援学校高等部。
・一般就労の実現と職場定着の向上を目指しており、開校からの企業就職率は平均80%以上、就労定着率80%以上。
・令和元年度から始まった森林環境譲与税を活用し、市と協働で木製ストラップ・マグネットを作成。

【市長コメント】
 田島ケ原サクラソウ自生地の天然記念物指定100周年を記念して、サクラソウをデザインした木製ストラップ・マグネットを生徒さんに製作していただいている様子を視察しました。皆さんが真剣に製作している姿が大変印象的でした。木製ストラップ・マグネットを製作・配布することで、森林の多面的な機能が広く周知されるとともに、障害のある方々への理解・共感が深まることを期待します。

〈訪問先の概要〉 
 学校名   埼玉県立さいたま桜高等学園
 所在地   桜区上大久保

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/秘書課 
電話番号:048-829-1014

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る