ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C019927

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

“絆”学校訪問(平成24年9月24日 与野八幡小学校)

このページを印刷する

サイン中

 “絆”をつなぐ学校訪問で、中央区の与野八幡小学校を訪問しました。
 市長は、学校に到着すると、校内を視察しました。チョウが舞うようにと作られた屋上庭園では、ちょうどきれいな花が咲いており、抜けるような青空とも相まって、「眺めもよくて気持ちのいい場所ですね。」と市長は話していました。それから、給食を準備している各学年の教室を回りました。6年生の教室前では、子どもたちからサインを求められる場面もありました。
 4年4組の教室では、児童と一緒に給食を食べました。食べ終わった後には、子どもたちからの質問タイムがあり、「いつも見ているテレビ番組は?」「好きなスポーツは?」などといった質問に、市長は一つひとつ丁寧に答えていました。

退場風景

 校長室では、校長から学校概要の説明を受けました。給食が自慢で、とてもおいしく、残菜がほとんど出ないことや、交通安全教育に力を入れており、交通安全子供自転車埼玉県大会で団体8位に入ったことなどを聞き、市長は「とてもおいしい給食でした。子どもたちも毎日給食を楽しみにしていることでしょうね。」と話していました。
 その後、体育館で行われた全校集会に参加しました。6年生の代表児童による歓迎の言葉や学校紹介の後、校歌と与野八幡小オリジナルの歌「6つの約束 八幡小」の合唱がありました。市長はあいさつの中で、「与野八幡小は、みんなしっかりあいさつができていて、元気いっぱいのすばらしい学校です。これからも、『あいさつ』と『ありがとう』があふれる学校になるよう頑張ってください。」と話し、代表児童に“絆”色紙を手渡しました。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育総務課 
電話番号:048-829-1623 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る