ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年10月29日 / ページ番号:C031291

第5回市と大学による座談会について

このページを印刷する

市と大学、そして大学間の交流を促進し、双方の連携強化と発展に資することを目的として、市内及び近隣大学の代表者と市長との第5回目の座談会を平成25年7月29日に開催しました。
今回の座談会では、「地域における知の拠点としての大学について」をテーマに、各大学を代表する方々と市長との有意義な意見交換を行いました。

第5回市と大学による座談会の様子

主な意見としては、以下のものが挙げられました。

  • 知的豊かさをもった社会として発展していくために、大学の知的資源を積極的に発信していくことが重要である。
  • 学内に、子育て支援のための施設や診療所を開設するなど地域住民に広く開放している。
  • 法律・工学・福祉など大学の専門分野を活かして、地域住民や企業等からの相談に応じている。
  • 学生が元気に活動していくことが、地域のバイタリティになる。学生が活動しやすい空間づくりをしていく必要がある。
  • 地域のニーズに対応していくため、市に大学のシーズとのマッチング等をしてほしい。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/行財政改革推進部 
電話番号:048-829-1106 ファックス:048-829-1985

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る