ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年4月19日 / ページ番号:C055240

第9回市と大学による座談会について

このページを印刷する

 市と大学及び大学間の交流を促進し、相互の連携強化と発展に資することを目的として、「大学コンソーシアムさいたま」加盟大学の代表者と市長による座談会を平成29年7月18日に開催しました。「大学コンソーシアムさいたま」の目指すべき姿等について広く意見交換を行い、懇親を深めました。

座談会の様子
座談会の様子

1 出席者

名称 役職 氏名
埼玉大学 学長 山口 宏樹
浦和大学・浦和大学短期大学部 学長 大久保 秀子
共栄大学 学長 加藤 彰
芝浦工業大学 大宮キャンパス長 渡部 英二
聖学院大学 学長 清水 正之
日本大学法学部 学部長 池村 正道
人間総合科学大学 学園長 久住 眞理
放送大学埼玉学習センター 所長 渋谷 治美
目白大学 学長 佐藤 群衛
国際学院埼玉短期大学 学長 大野 博之
さいたま市 市長 清水 勇人

2 主な意見 

  • 学生にとっては、アイデアを出したものが形になるのはうれしいこと。学生政策提案フォーラムから実現した「おもてなし団扇」の配布は、実際に「世界盆栽大会inさいたま」に学生が出向き、外国の方々や、小・中学生たちとコミュニケーションをとれた良い機会だった。最近、地域の方々に学生を使っていただく機会が増えてきた。大学としても、学生の教育として、うまく活用できるとよいと考えているところ。
  • 当初から大学コンソーシアムさいたまに参加させていただいているが、年を経るごとに、学生が地域のイベント等に参加し、まちを考える、未来を考える機会を頂けていることに、感謝をしている。
  • 学生は、発想力・企画力が優れていると考えており、学生に任せると良いものが生まれると思う。学生の良い面を引き出してあげられるような事業を、引き続き大学コンソーシアムさいたまの中でやっていければよいと考えている。
  • 大学コンソーシアムさいたまをより魅力的な組織とし、内容を充実させていくため、ぜひ産業界を巻き込んで行きたいと考えている。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/行財政改革推進部 
電話番号:048-829-1106 ファックス:048-829-1985

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る