ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年4月29日 / ページ番号:C085585

新庁舎整備等基本構想(令和3年12月)

このページを印刷する

本基本構想は、本市が将来にわたって持続的な住民サービスを提供し、政令指定都市として未来へ躍動する都市経営を進める拠点となる新庁舎の機能や整備等の考え方、庁舎移転後の現庁舎地の利活用について、方向性をとりまとめ、市民の皆様に分かりやすくお示しすることを目的に策定したものです。
今後も、新庁舎整備及び現庁舎地の利活用について、市民の皆様の声に耳を傾け、御理解をいただきながら、具体化に向け検討を進めていきます。

新庁舎整備等に当たっての基本的な方針

新庁舎整備

本市の未来を見据えた全市的なまちづくりの観点から、10年後の令和13年度を目途に「さいたま新都心バスターミナルほか街区
(埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目603番地1,2)」への新庁舎の移転整備を目指すこととしました。
※令和4年4月28、29日に開かれた令和4年さいたま市議会4月臨時会で、さいたま市役所の位置を改める「さいたま市役所の位置に関する条例の一部を改正する条例」議案が、賛成3分の2以上を要する特別多数議決により可決され、市役所本庁舎の移転が決定しました。
 改正の概要等はこちらをご覧ください。

庁舎移転後の現庁舎地利活用

市民サービスの拠点である浦和区役所や浦和消防署の機能を残しつつ、古くから文化、教育の先進地であった歴史等を踏まえ、
「県都」「文教都市」を象徴し、「多様な世代に愛され、県都・文教都市にふさわしい感性豊かな場所とすること」を目指すべき方向性としました。

 
新庁舎整備等基本構想(原文)(PDF形式 6,311キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 概要版(PDF形式3,635キロバイト)

<デザイン版 一括ダウンロード>
新庁舎整備等基本構想(PDF形式 8,239キロバイト)
※ホームページへの掲載に当たり、画質を落としています。

<デザイン版 分割ダウンロード>
新庁舎整備等基本構想 表紙~目次(PDF形式 1,192キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 1章 新庁舎整備等に当たっての基本的な方針(PDF形式 5,195キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 2章 新庁舎整備について(1 現庁舎の現状~2 新庁舎整備の基本理念・備えるべき機能)(PDF形式 4,858キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 2章 新庁舎整備について(3 新庁舎の規模~5 今後の進め方)(PDF形式 4,282キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 3章 現庁舎地利活用について(PDF形式 4,859キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 参考資料(1 合併協定書(抄)~2 さいたま市本庁舎整備審議会)(PDF形式 4,964キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 参考資料(3 本庁舎現況調査業務の結果について~4 本庁舎整備検討調査報告書)(PDF形式 5,433キロバイト)
新庁舎整備等基本構想 参考資料(5 新庁舎の整備場所に係る検討~6 市民参加の取組)・用語解説・裏表紙(PDF形式 4,386キロバイト)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/都市経営戦略部 企画・SDGs推進担当
電話番号:048-829-1033 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る