ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年9月3日 / ページ番号:C083423

「さいたま市成長加速化戦略」の令和2年度及び計画期間4年間の達成状況(内部評価)について

このページを印刷する

本市では、「市民・企業から選ばれる都市」を実現するため、平成29年12月に「さいたま市成長加速化戦略」(計画期間:平成29~令和2年度)を策定しました。加速化戦略では、7つのプロジェクトを位置付け、民間活力を生かしながら、各事業の目標の達成に向けて、全庁を挙げて取り組んでまいりました。

この度、令和2年度及び計画期間4年間の達成状況について内部評価の結果を取りまとめましたのでお知らせします。

評価の対象及び方法

達成状況に対する評価は、7つのプロジェクト(全72事業)を対象としました。

評価区分は、以下の3区分です。
評価区分
※ 新型コロナウイルス感染症(以下、「感染症」という。)の影響により、目標が未達成になった場合は、「C コロナ影響有」と表記し
ました。また、感染症の影響により、目標指標の実績値を捕捉できず、達成率の算出ができなかった場合は、「- コロナ影響有」と表
記としました。

令和2年度実施状況に対する評価

「成長加速化戦略」の評価については、4事業が「目標を上回って達成」、24事業が「目標をおおむね達成」、16事業が「目標を未達成」、27事業が感染症の影響により「目標を未達成」(a)、1事業が感染症の影響により「測定不能」(b)となりました。
「目標を上回って達成」と「目標をおおむね達成」を合わせた事業は28事業となり、割合としては63.6%(a、bを事業数から除いて算出)となりました。
分野別の評価結果は、以下のとおりです。
令和2年度達成状況


分野別の評価結果

計画期間4年間の実施状況に対する評価

「成長加速化戦略」の評価については、7事業が「目標を上回って達成」、28事業が「目標をおおむね達成」、19事業が「目標を未達成」、18事業が感染症の影響により「目標を未達成」(a)となりました。
「目標を上回って達成」と「目標をおおむね達成」を合わせた事業は35事業となり、割合としては64.9%(aを事業数から除いて算出)となりました。
分野別の評価結果は、以下のとおりです。
計画期間4年間の達成状況


分野別の評価結果

※平成30年度実施の事業より、総合振興計画後期基本計画後期実施計画と、一体的な進行管理を行っております。
各事業等の評価の詳細については、「さいたま市総合振興計画後期基本計画後期実施計画の実施状況報告書(令和2年度後期基本計画後期実施計画実施計画実施状況について)」にて御覧いただけます。

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/都市経営戦略部 
電話番号:048-829-1035 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る