ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C010421

行財政改革推進本部 平成22年度予算要求及び査定の概要

このページを印刷する

予算要求方針

基本方針

 平成21年11月の行財政改革推進本部の設置に伴い、徹底した行財政改革の推進と生産性の高い都市経営を基本方針に強力な行財政改革を進めていきます。

平成22年度の主な取組

1 行政改革チーム

  1. 新行財政改革プランを策定します。
  2. 行財政改革有識者会議を運営します。
  3. 一職員一改善提案制度の定着化及び活性化を図ります。

2 無駄ゼロチーム

  1. 行政評価システム改革を行います。
  2. 公共施設マネジメント会議を運営します。
  3. 補助金見直し、使用料・手数料の見直しなどを行います。

3 民間力活用チーム

  1. 外郭団体経営改革を推進します。
  2. 外郭団体経営改革推進委員会を運営します。
  3. 指定管理者制度を推進します。
  4. 民間委託の推進を図ります。

予算要求額及び査定結果

行財政改革推進本部合計(単位:千円)
平成21年度
当初予算額
平成22年度予算
予算要求額 財政局長査定 市長査定
予算要求額 査定額 予算要求額 査定額
0 30,491 30,491 26,654 30,491 26,654
行財政改革推進本部主要事業(単位:千円)
優先順位 事業名
事業の概要
所属 平成21年度
当初予算
平成22年度
要求額
財政局長査定 査定理由
市長査定
1 行政改革事業(PDF形式:58KB) 行政改革チーム 0 1,706 1,367 一職員一改善提案制度に係る図書券の配布は廃止し、講師謝金は内部講師を活用することで予算化せず、ゼロ予算事業としました。
 行財政改革有識者会議の運営や新行財政改革プランの策定、一職員一改善提案制度の活性化を行います。 1,367 財政局長査定の内容及び理由について、適正と認められるため、財政局原案のとおりとしました。
2 無駄ゼロ改革事業(PDF形式:67KB) 無駄ゼロ改革チーム 0 18,616 18,391 内容及び積算を確認し、適正であると認められるため、概ね要求のとおりとしました。
 行政評価システムの構築や公共施設マネジメント、補助金の見直し、使用料・手数料の見直しを行います。 18,391 財政局長査定の内容及び理由について、適正と認められるため、財政局原案のとおりとしました。
3 民間力活用事業(PDF形式:60KB) 民間力活用チーム 0 10,169 6,896 指定管理者外部検査について対象件数を精査し、民間委託化検討については、職員が実施できる部分を含むため精査しました。
 外郭団体経営改革推進委員会を運営や指定管理者制度、民間委託の推進を行います。 6,896 財政局長査定の内容及び理由について、適正と認められるため、財政局原案のとおりとしました。
合計 0 30,491 26,654
26,654

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

財政局/財政部/財政課 
電話番号:048-829-1153 ファックス:048-829-1974

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る