ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J002880

都市戦略本部

地下鉄7号線中間駅まちづくり方針有識者会議

プロポーザル方式による事業者の選定基準の策定及び事業者の選定に関する審査を行います。

プロポーザル方式による事業者の選定基準の策定及び事業者の選定に関する審査を行います。

さいたま市行政デジタル化計画評議会は、PDCA サイクルの中のチェックの部分で、事業の透明性を高めるとともに、客観的な立場からの意見をいただくために設置しています。

さいたま市行政デジタル化計画評議会は、PDCA サイクルの中のチェックの部分で、事業の透明性を高めるとともに、客観的な立場からの意見をいただくために設置しています。

「さいたま市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の計画期間満了に伴い、国の第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を勘案して、次期の総合戦略の策定に関する意見を聴取するため、「さいたま市まち・ひと・しごと創生有識者会議」を開催しました。

さいたま市のまち・ひと・しごと創生に関する事業の成果や事業方針等について、平成28年度及び平成29年度に専門的な意見をいただきました。

さいたま市総合振興計画に掲載された施策及び事業について、専門的な意見をいただきます。

「総合振興計画」は、長期的な展望に基づき、都市づくりの将来目標を示すとともに、市政を総合的、計画的に運営するために、各行政分野における計画や事業の指針を明らかにする、市政運営の最も基本となる計画です。

「総合振興計画」は、「基本構想」「基本計画」「実施計画」の3層構造となっており、そのうち、「基本構想」に基づき、各行政分野における施策を総合的、体系的に示す「基本計画」が平成25年度をもって計画期間が満了となるため、地方自治法に基づく附属機関を設置し、次の「基本計画」について検討するものです。

PFIとはPFI(PrivateFinanceInitiative)とは、公共サービスを市民に提供するための新しい事業方式です。

「総合振興計画」は、長期的な展望に基づき、都市づくりの将来目標を示すとともに、市政を総合的、計画的に運営するために、各行政分野における計画や事業の指針を明らかにする、市政運営の最も基本となる計画です。

現行の総合振興計画の計画期間が令和2(2020)年度をもって満了となるため、「次期総合振興計画(案)」について検討していただくため、地方自治法に基づく附属機関を設置し、会議を開催するものです。

平成24年12月、地方自治法に基づく附属機関として審議会を設置し、平成30年5月に答申をいただきました。

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会 報告書

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会(第3回協議会以降)

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会(第2回協議会以降)

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会(鉄道分科会)

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会(まちづくり分科会)

平成20年11月、市民参加の検討委員会を発足し、各界・各層の委員から幅広く意見をいただきました。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る