ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年3月11日 / ページ番号:C087629

【報告】メディア・リテラシー講座

このページを印刷する

日時

テーマ

講師

令和4年

1月18日(火)

~27日(木)

本当に必要な情報をキャッチするには

藤原千秋さん

(住生活ジャーナリスト)

講義内容

チラシ

講師は、2001年から住生活ジャーナリストとしてWeb メディア上で住宅・家事・育児といったジャンルに限った情報の発信を行い、現在では新聞・テレビなど多様なメディアを通して活動しています。本講座の内容は、以下によります。

1 メディアって何?
2 3つのメディア
3 ソーシャルメディア
4 メディアリテラシーとはなに?
5 メディアは情報を「そのまま」伝えない
6 わかりやすくする「演出」
7 メディアリテラシー実習
8 本当に必要な情報は「キャッチ」するものではない

 受講者の声

・正しい情報という判断の難しさと、情報に接する時の態度が勉強できた。
・メディアリテラシーを知らなかった私にはちょうど良いレベルの内容でした。
・メディアリテラシーは、受信するだけではなく、発信者としての責任もあることがとても良く理解できました。(一部抜粋)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市民局/人権政策・男女共同参画課/男女共同参画推進センター 
電話番号:048-643-5816 ファックス:048-643-5801

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る