ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年11月27日 / ページ番号:C072160

新型コロナウイルス感染症に関連しての誤解や偏見に基づく差別について

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者やその御家族、濃厚接触者、医療従事者等に対する偏見に基づく誹謗中傷、不当な差別的言動の事例が報告されています。このような不当な差別行為は許されるものではありません。また、不確かな情報をSNS等に書き込むような行動は慎むようお願いします。
5月22日市長メッセージ
法務省からの新型コロナウイルス感染症に関連するお知らせ
人権啓発講演会(オンライン)を開催します
※ 令和2年12月4日から10日まで 受講料:無料
  演題「コロナの偏見差別をなくすために」

新型コロナウイルス感染症等に関連しての誤解や偏見に基づく差別について相談窓口があります。
法務省 相談窓口

誤解や偏見による差別に係る関係機関のリンク (以下、外部リンク)
埼玉弁護士会 新型コロナウイルスに関する無料電話法律相談

不当な偏見、差別、いじめ等に係る法的なトラブルについては、法テラスで「情報提供」「無料法律相談(利用要件あり)」を行っています。
法テラス・サポートダイヤル 
法テラス埼玉 

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/人権政策・男女共同参画課 
電話番号:048-829-1132 ファックス:048-829-1969

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る