ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年6月12日 / ページ番号:C053955

さいたま市が制作した平和学習資料のご紹介

このページを印刷する

本市では、戦争の悲惨さと平和の尊さを学ぶ機会を充実するため、戦争の時代を経験された方の体験談をまとめた資料を制作しています。

資料一覧

種別 タイトル 発行年 発行者
DVDビデオ 平和を守って!~原爆の記憶を伝えるさいたま市民の証言~

平成30年

(2018年)

さいたま市
DVDビデオ 平和を守って!~戦争の記憶を伝えるさいたま市民の証言~

平成29年

(2017年)

さいたま市
書籍 平和の灯

平成2年

(1990年)

浦和市

解説

  • DVDビデオ「平和を守って!~原爆の記憶を伝えるさいたま市民の証言~」

    核兵器等の廃絶を願って、原爆の被爆体験を若い世代に継承していくために、体験談を証言映像として記録し、DVDビデオにしたものです。長崎の原爆を経験された3名の方の声を収録しています。

  • DVDビデオ「平和を守って!~戦争の記憶を伝えるさいたま市民の証言~」

    戦後70年以上が経過し、戦争の記憶の風化が課題となる中で、戦争の時代の記憶を若い世代に継承していくために、体験談を証言映像として記録し、DVDビデオにしたものです。空襲の体験をはじめ、軍需工場への動員、軍隊での経験、外地からの引き揚げなど、日常の中に戦争があった時代を生きてこられた16名の方の声を収録しています。

  • 書籍「平和の灯」

    昭和62年6月の浦和市平和都市宣言に基づく事業の一環として刊行したものです。
    日本での体験(銃後のくらし、空襲体験、軍人としての国内警備)として39名、日本を離れての体験(戦地体験、終戦後の苦難)として51名の方の体験談を掲載しています。

資料をご覧になるには

いずれも、さいたま市図書館で借りることができます。
あらかじめ予約をしていただくと、スムーズに借りることができます。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/総務部/総務課 
電話番号:048-829-1083 ファックス:048-829-1983

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る