ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月20日 / ページ番号:C022986

さいたまWeb/市長要望書

このページを印刷する

(写)

さ政政発第76号
平成14年8月9日

総務大臣
片山虎之助 様

さいたま市長 相川宗一

さいたま市の政令指定都市の指定について

 平成13年5月1日、浦和市、大宮市及び与野市の3市が合併し、人口103万人という全国10番目の人口を擁する都市として、さいたま市は誕生いたしました。この合併は、3市市域における日常生活圏及び経済活動圏の一体化を図ることにとどまらず、政令指定都市への移行を展望し、大都市としてさらなる発展を目指すものであります。
 今後、少子・高齢化の到来、国際化、高度情報化の進展に伴い、行政需要が多種多様化する中にあって、これら行政需要に的確に対処し、市民福祉のより一層の向上を図るためには、一日も早く政令指定都市の指定を受け、行財政能力の強化・充実を図る必要があります。これは、さいたま市民の総意であります。
 こうしたことから、平成14年さいたま市議会2月定例会において政令指定都市の実現に関する意見書が可決されたところであります。
 つきましては、さいたま市を政令指定都市に指定されますよう、特段の御配慮を賜わりたくお願い申し上げます。

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/都市経営戦略部 
電話番号:048-829-1035 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る