ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年3月4日 / ページ番号:C027280

財政状況(両市の紹介)

このページを印刷する

財政状況

(1)決算概要

 普通会計(公営企業会計以外の会計を総合して一つの会計としてまとめたもの)における両市の決算概要は次のとおりで、歳出決算額は、さいたま市が301,579,948千円、岩槻市が32,395,174千円となっている。

表-1 平成14年度の決算(普通会計)概要
区分 さいたま市 岩槻市
歳入総額 (千円) 308,733,188 33,115,518
内訳
(千円)
地方税 173,912,448 14,486,688
地方交付税 5,223,552 3,377,761
国庫支出金 23,859,293 2,896,268
県支出金 10,661,833 917,674
地方債 32,544,448 3,849,154
その他 62,531,614 7,587,973
歳出総額 (千円) 301,579,948 32,395,174
内訳
(千円)
人件費 66,768,013 7,005,018
扶助費 28,407,423 3,220,036
公債費 33,212,246 3,773,847
普通建設事業費 66,396,088 5,168,995
物件費 46,815,733 5,785,049
補助費等 13,700,916 1,291,786
積立金 19,999 501,137
繰出金 30,289,177 2,777,153
その他 15,970,353 2,872,153
1人当たり(円) 歳入 297,402 300,749
歳出 290,511 294,207

資料:県市町村課「市町村決算概要」(平成14年度版)

図-1 性質別歳出決算構成比

性質別歳出決算構成比のグラフ画像

図-2 目的別歳出決算構成比

目的別歳出決算構成比のグラフ画像

(2)主要財政指標

 財政基盤の強さを示す財政力指数は、さいたま市が0.999、岩槻市が0.785で、財政構造の弾力性を判断するための指標である経常収支比率は、さいたま市が84.8%、岩槻市が88.8%となっている。
 地方債発行規模の妥当性を判断するための指標である公債費比率は、さいたま市が14.3%、岩槻市が15.5%であるが、地方債の許可制限に係る指標である起債制限比率は、さいたま市が12.8%、岩槻市が12.0%となっている。

主要財政指標一覧
区分 さいたま市 岩槻市 全国市平均
財政力指数 1.0 0.79 0.67
経常収支比率 84.8 88.8 87.8
公債費比率 14,3 15.5 15.2
起債制限比率 12.8 12.0 10.6
積立金現在高(千円) 23,359,754 4,683,760 7,329,379
積立金現在高
1人当たり(円)
22,502 42,537 51,214
地方債現在高(千円) 250,609,171 28,168,108 62,018,140
地方債現在高
1人当たり(円)
241,411 255,818 433,349
地方税/歳入 56.3 43.7 39.9
地方交付税/歳入 1.7 10.2 11.2
義務的経費/歳出 42.6 43.2 45.2
普通建設事業費/歳出 22.0 16.0 18.0

資料:県市町村課「市町村決算概要」(平成14年度版)

   平成14年度市町村別決算状況調

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/都市経営戦略部 
電話番号:048-829-1035 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る