ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J004301

平成28年10月

さいたま市は、地方公務員法の規定に基づき、職員の懲戒処分等を行いました。

シニアの社会参加イベント「いきいきセカンドステージ」が平成28年11月9日に開催されます

西区の新たな郷土づくりと郷土意識の醸成、西区民の連帯がより一層高まることを目的に、第14回西区ふれあいまつりを開催します。

第2回さいたま国際マラソンで、11月13日(日曜日)午前9時10分にさいたまスーパーアリーナをスタートする「代表チャレンジャーの部」に出場する国内・海外招待選手が決定しました。

今年もたくさんのボランティアの皆さんによる「手づくりのまつり」を開催します。楽しいイベントが盛りだくさんです!ぜひ、お越しください。

プラザノースにて「国際漫画フェスティバル・インさいたま2016」「2016さいたま市ユーモアフォトコンテスト」「第31回さいたま市北沢楽天漫画大賞」合同作品展を開催します。

 さいたま市では、昨年度に引き続き「さいたま市メディカルエンジニアリング講座」を開講します。

本市では、新幹線で繋がる東日本の各都市との連携を推進するため、各自治体首長等が一堂に介した会議「東日本連携・創生フォーラム」を開催し、広域連携による経済の活性化や地域の好循環拡大を図っています。

そうした中、大宮駅周辺地域では、市内民間事業者が中心となって地域の協議会を立ち上げ、東日本地域との繋がりを深めながら魅力あるまちづくりを進めるため、近隣商業施設と連携して新たな街の賑わいを創出する事業が実施されます。

第2回さいたま国際マラソンの開催に合わせ、県内外から集まるランナーや観客をもてなし、さいたま市・埼玉県の魅力を発信する場として「埼玉うまいもの市場」を11月11日(金曜日)から3日間、さいたま新都心けやきひろばで開催します。

国際消防救助隊員が被災地において適切かつ安全に救出活動を行うために必要な知識・技術等の普及に加えて、他の登録消防本部や関係機関との連携能力の向上を図ることを目的に訓練を実施します。

(平成28年10月27日(木)、28日(金))

本市では、年末年始の資金需要が高まる時期に向けて、市内中小企業者の円滑な資金調達を支援するために緊急特別資金融資を実施します。当融資制度では、過去に実施したさいたま市緊急特別資金融資の残高を借換できることとした他、貸出利率を昨年度より0.1%引き下げた0.8%とし、中小企業者の一層の資金繰り改善に努めます。

(平成28年10月19日記者発表)第2回大宮グランドセントラルステーション推進会議を平成28年10月31日月曜日に開催します。

9月25日(日)8時55分に発生した緑区太田窪地内の建物火災において、迅速かつ適切な初期消火を実施し、延焼拡大の防止を図り被害を最小限に止めたものです。

「J:COM presents 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の開催とあわせ、同日に多くの市民やサイクリストが参加できるイベントとして「2016サイクルフェスタ」を開催します。

見沼たんぼ周辺地域で活動する様々な市民団体等による体験型プログラムや活動紹介、農産物直売、気球搭乗体験等を行います。

大宮アルディージャと連携のもと、「第13回大宮区少年・少女サッカー教室」を開催。

また、親子でNACK5スタジアム大宮を見学する「親子でスタジアム見学ツアー」を同日開催する。

イオン株式会社と幅広い分野における包括連携協定を締結します

本市では、新幹線で繋がる東日本各地域と連携し、地方創生及び地域活性化を図っています。その第一弾として、地域活性化を図るため、大宮駅周辺賑わい創出イベント「軒先マルシェ」が実施されます。

軒先マルシェとは、まちの賑わいを創出するため、店舗の空きスペースを活用し、地元商業者等が物産販売等を行うものです。

大宮区の歴史と文化に親しみ、区民相互のふれあいを通じた絆をつくることにより、郷土への愛着を深め、連帯感の醸成を図ることを目的として、区民ふれあいフェアを開催します。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る