ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月19日 / ページ番号:C051360

(平成28年12月16日記者発表)愛犬の高齢化に備えるための市民講座 「今日から実践!犬のしつけと老後のケア」を開催 参加者募集中!!

このページを印刷する

市民講座「今日から実践!犬のしつけと老後のケア」を開催します

 犬は7~8歳ごろから人間の50歳に相当するシニア期に入り、身体や脳機能の衰えが目立ちはじめます。一方で、犬の平均寿命は獣医療や食餌の質が飛躍的に向上したことでこの30年で2倍近くに伸びており、いまや約14歳といわれています(平成26年、一般社団法人ペットフード工業会調べ)。これは人間の75歳に相当します。
 犬も人間と同じように高齢化に伴って、関節痛、認知症、生活習慣病などを発症しやすくなります。このため、多くの飼い主が年老いた愛犬の介護に大きな負担を強いられているのが現状です。

 さいたま市では、ペットの高齢化問題に詳しい講師を招き、愛犬と長く幸せに暮らすことを目的とした市民講座「今日から実践!犬のしつけと老後のケア」を開催します。この講座では犬の高齢化に伴って起こりうる様々な問題を知り、それらを予防あるいは軽減するための犬のしつけ方や日常の心がけ、負担の少ない犬の介護などを学ぶことができます。

市民講座の概要

  1. 日 時  平成29年1月21日(土)午後1時30分から午後4時20分まで  ※受付は午後1時10分から
  2. 場 所  岩槻駅東口コミュニティセンター 多目的ルームC
        (岩槻区本町3丁目1−1 WATSU西館5階 東武野田線岩槻駅下車徒歩1分)
  3. テーマ 今日から実践!犬のしつけと老後のケア
  4. 講 師 水越 美奈 先生(日本獣医生命科学大学 准教授)
        対馬 美香子 先生(あすか動物病院[東京都八王子市])
  5. 内 容 老後を見据えた犬のしつけ
        老化のサインの見極め方
        老化の進行を遅くするための日常の心がけ
        無理せずがんばらない「手抜き介護」とは  など

参加方法(事前申込みが必要です)

  1. 定員および費用 50名、無料
  2. 参加資格 さいたま市に在住、在勤または在学の方
  3. 申込方法 ハガキまたはファックスで、講座名、参加者全員の氏名および年齢、郵便番号および住所、電話番号をご記入の上お申込みください。
  4.  申込先 (ハガキの場合)
         〒338-0812 さいたま市桜区神田950-1
         さいたま市動物愛護ふれあいセンター 市民講座 係
        (ファックスの場合)
         FAX番号048-840-4159
  5. 締切り  平成29年1月6日(金)必着
  6. 結果発表  応募多数の場合は抽選を行います。なお、抽選結果の発表は当選通知の発送をもって代えさせていただきます。
     
地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/動物愛護ふれあいセンター 
電話番号:048-840-4150 ファックス:048-840-4159

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る