ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月29日 / ページ番号:C051713

(平成28年12月28日記者発表)さいたま市とラオス国との覚書を締結しました

このページを印刷する

さいたま市とラオス国との覚書を締結しました

1 概要
平成23年12月に、さいたま市とラオス国首都ビエンチャンとの間で、水道分野の発展とさらなる友好関係の構築を目的として締結した覚書が5年間の期限を迎えたことから、平成28年12月26日(月曜日)に浦和ロイヤルパインズホテルにおいて、水道分野の強化に向けた協力に関する覚書を、新たに締結しました。

2 旧覚書期間における主な取組成果
(1)職員を専門家として現地へ派遣するとともに、ラオス国研修員の受入れを行うことにより、両国の技術向上と人材育成を図りました。
(2)本市及びラオス国においてセミナーを開催し、日本の高い水道技術をラオス国へアピールすることにより、日本企業の同国への事業展開の機会を提供しました。
(3)急速な発展の途中にあるラオス国首都ビエンチャンにおいて、安定給水の確保に貢献できたものと考えています。

3 新たな覚書における拡充
新たな覚書には、現在の首都ビエンチャン水道公社のほかに、ラオス水道の発展に中心的な役割が期待される北部のルアンパバン県水道公社と南部のカムアン県水道公社の2公社を加え、引き続き両国の友好関係の下、水道分野のさらなる発展を目指していきます。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/経営企画課 
電話番号:048-714-3185 ファックス:048-832-7775

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る