ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年3月29日 / ページ番号:C053075

(平成29年3月27日記者発表)新規採用職員が21kmを踏破する「見沼を歩く」を実施します≪新ルート「大宮盆栽美術館へ」~世界盆栽大会に向けて~≫

このページを印刷する

21kmを踏破する『見沼を歩く』を実施します

新規採用研修において、およそ300名が、「見沼を歩く」と称した屋外活動をします。

さいたま市を南北に流れる「見沼代用水」沿いを中心に、東浦和中央公園から職員研修センターまでの、約21kmを歩きます。
日時は平成29年4月7日(金曜日)午前8時30分から午後5時までです。(雨天決行、荒天中止)

4回目となる今回は、大宮盆栽美術館に立ち寄り、世界盆栽大会へ向けた取組や、盆栽文化を肌で感じ取る機会を取り入れています。
また、歩きながらごみを拾う清掃活動を行い、採用後はじめての地域貢献活動に取り組みます。

踏破という目標に向かい協力し合うことで、新規採用職員同士の絆を強めます。また、実際に見沼代用水沿いを歩き、周辺の施設を通して、施策や取組を知ることで、地域への理解を深めます。併せて清掃活動を行い、貢献する意識を高めます。

添付資料もご覧ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

総務局/人事部/人材育成課 
電話番号:048-688-1430 ファックス:048-688-1435

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る