ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年9月5日 / ページ番号:C055419

(平成29年9月4日記者発表)「地元シェフによる学校給食」を実施します~地元シェフと地場産物を活用した食育の推進~

このページを印刷する

  さいたま市では、学校における食育推進の一環として、地元で活躍されているシェフのプロデュースによる「地元シェフによる学校給食」を平成21年度から実施しています。今年度は、20校の市立小・中学校での実施を計画しております。 

1 目的

  地元で活躍されているシェフが、地場産物を活用した給食献立を提案するとともに、給食調理業務担当者と調理をした学校給食を提供することにより、子どもの食への関心を一層高め、学校における食育を推進する。 

2 実施期間及び実施校

  平成29年9月11日(月)~平成30年2月16日(金)

  実施校は、別紙一覧 

3 実施内容

 地元で活躍されているシェフが、地場産物を活用し、各学校に合わせたメニューを考え、実際に給食室で給食調理業務担当者とともに調理を行い、児童生徒へ給食を提供します。朝の全校集会等で、シェフのお話しを聞いたり、学級でシェフを囲んで会食をしたり、学校だよりや給食だより等で家庭に取組を伝えたりします。

4 その他

  市長が1月25日(木)宮前小学校、2月16日(金)宮原小学校を、教育長が11月15日(水)与野東中学校、11月21日(火)片柳中学校、1月22日(月)土合小学校を訪問して、児童生徒と会食予定です。実施校への取材を希望される場合は、健康教育課まで連絡をお願いします。

詳細については、添付ファイルをご覧ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/健康教育課 健康教育係
電話番号:048-829-1679 ファックス:048-829-1990

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る