ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年11月10日 / ページ番号:C056341

(平成29年11月9日記者発表)不法投棄の防止に向け「産業廃棄物収集運搬車両路上検査」を実施しました

このページを印刷する

広域化、悪質・巧妙化している産業廃棄物の不法投棄等の不適正処理を未然に防止するため、さいたま市では埼玉県との共催及び岩槻警察署の協力により「産業廃棄物収集運搬車両路上検査」を実施しました。

1 日時・場所
平成29年11月9日(木)午前10時から午後12時
さいたま市岩槻区大字笹久保1339番地 県道新方須賀さいたま線
(原則国道122号線方向から元荒川方向進行車両対象)

2 検査体制
さいたま市、埼玉県及び岩槻警察署の職員、計27人が検査を実施しました。

3 検査結果
検査台数8台のうち2台に対して書面による指導を行いました。指導件数(のべ件数)は5件ありました。

4 主な指導内容
(1)産業廃棄物管理票(いわゆるマニフェスト)を携行すること。
(2)産業廃棄物収集運搬業許可証の写しを携行すること。
(3)車両側面に産業廃棄物収集運搬車の表示をすること。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

環境局/資源循環推進部/産業廃棄物指導課 監視係
電話番号:048-829-1609 ファックス:048-829-1933

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る