ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年1月23日 / ページ番号:C057741

(平成30年1月22日記者発表)市立浦和高等学校で、消費者問題を題材にした主権者教育の授業を行います

このページを印刷する

 

         市立浦和高等学校で、消費者問題を題材にした主権者教育の授業を行います
              ~生徒の主体的な学びを主とした主権者教育の拡充~

        このたび、主権者教育の一環で、さいたま市教育委員会とさいたま市消費生活総合
       センターとの連携により、生徒が消費者の立場から、「消費者問題」の解決に主体的
       に取り組む授業を行います。

                           記

           1 日時
                 平成30年1月30日(火)
                     10:00~10:35 受付
                     10:50~11:40 第3校時:公開授業
                     11:50~12:40 第4校時:講演
                    (第3校時・第4校時ともA棟1階被服室で行います)

             2 会場
                さいたま市立浦和高等学校(浦和区元町1-28-17)

             3 内容
               〇第2学年「家庭基礎」の授業で実施
                 第3校時:公開授業
               次の活動を取り入れた、「消費者問題」の事例についてのケーススタディ
                *3つのグループに分かれてのエキスパート活動
                *グループを混成して情報交換を行うジグソー活動
                *問題に対する解決法やその原因について考えるクロストーク活動
                第4校時:講演
               講演: 「高校生に伝えたい消費生活」
                       ~トラブルに巻き込まれないために~
              講師: 中村弘毅弁護士(つきのみや法律事務所)

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/高校教育課 
電話番号:048-829-1671 ファックス:048-829-1990

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る