ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年1月26日 / ページ番号:C057837

(平成30年1月25日記者発表)大宮盆栽美術館春季特別展「シリーズ・現代の盆栽家 竹山浩 ―自然を巡る、雑木の匠」を開催します

このページを印刷する

大宮盆栽美術館 春季特別展「シリーズ・現代の盆栽家 竹山浩 ―自然を巡る、雑木の匠」を開催します。


1 主旨
大宮盆栽美術館では、春季特別展「シリーズ・現代の盆栽家 竹山浩 ―自然を巡る、雑木の匠」を開催いたします。現代の盆栽界において最高峰に位置する著名盆栽家たちの全貌を明らかにするシリーズ展の第1回展として、雑木盆栽の大家・竹山浩氏(大宮盆栽村芙蓉園二代目)を取り上げます。竹山氏の新作や未発表作品を含む全36点の盆栽を、1週間に9点ずつ4週にわたって紹介します。

2 会期
平成30年2月16日(金)~3月14日(水)
 第1週:2月16日(金)~2月21日(水)
 第2週:2月23日(金)~2月28日(水)
 第3週:3月 2日(金)~3月 7日(水)
 第4週:3月 9日(金)~3月14日(水)
休館日 毎週木曜日
 2月まで 9:00~16:00
 3月から 9:00~16:30 (入館は閉館時間の30分前まで)
※2月17日(土)14時から14時30分まで、竹山浩氏出席のもと、関係者・プレス向け特別観覧会を開催します。ご参加をご希望の方は、当館までご連絡ください。

3 会場
さいたま市大宮盆栽美術館ロビー・コレクションギャラリー、企画展示室(北区土呂町2-24-3)

4 出品数
盆栽全36点

5 構成
(1) ロビー・コレクションギャラリー
 竹山氏の盆栽全36点を1週間に9点ずつ4週間にわたって紹介。週ごとに展示替えを行います。
(2) 企画展示室
 竹山氏の盆栽作りの信念や制作意図などを紹介するパネル展。

6 後援
NHKさいたま放送局、大宮盆栽協同組合、埼玉新聞社、JR東日本大宮支社、テレ玉、日本盆栽協会

7 イベント
(1) 竹山浩による盆栽デモンストレーション
 日時:2月18日(日)13時30分~15時30分
 講師:竹山浩氏(出品作家)
 内容:雑木盆栽の寄せ植え
 会場:大宮盆栽美術館 ロビー
 定員:60人程度(先着順。受付は13時から)
 費用:無料 ※観覧券は不要です
(2) 特別展アーティストトーク
 日時:2月25日(日)13時30分~15時
 内容:出品作家竹山浩氏がスライドを用いて作品を詳しく紹介します
 会場:大宮盆栽美術館 講座室
 定員:30人
 費用:無料 ※観覧券は不要です
 申込み:ハガキにてイベント名、郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記の上、2月14日(水)必着で当館ま  で。結果は全員に郵便でご連絡します
(申込み先:〒331-0804 さいたま市北区土呂町2-24-3さいたま市大宮盆栽美術館宛)

(3) 特別展ギャラリートーク
 2月17日(土)、3月4日(日)各日とも13時30分~
 (予約不要、当日の観覧券をお持ちの上当館ロビーにお集まり下さい)

8 観覧料
一般:300円(200円)、高大生・65歳以上:150円(100円)、小中学生:100円(50円) *( )内は20名以上の団体料金

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/文化部/大宮盆栽美術館 
電話番号:048-780-2091 ファックス:048-668-2323

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る