ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年2月6日 / ページ番号:C058009

(平成30年2月5日記者発表)行旅死亡人の取扱い事務の遅延について

このページを印刷する

行旅死亡人業務において、緑区福祉課職員(男性主事:20代)の事務処理が適切に行われていなかったことが判明いたしました。このような事態が生じたことにつきまして、関係の皆様に多大なご迷惑をおかけし、また、福祉行政に対する市民の皆様の信頼を損ねたことを深くお詫びするとともに、信頼の回復と再発防止に努めてまいります。

1 事案概要

平成28年2月4日(木曜日)、浦和東警察署より行旅死亡人(平成28年1月7日(木曜日)死亡、男性、本籍等不明)の引取り依頼があり、「行旅病人及行旅死亡人取扱法」に基づき、告示、火葬、官報掲載事務を実施すべきでありましたが、前記の事務が実施されず、ご遺体については、業者に安置を依頼し保管した状態になっておりました。業者より、平成30年1月30日(火曜日)に係長に相談があり、今回の事務の遅延が発覚しました。

2 原因

担当職員は行旅死亡人の取扱い業務について、業者にご遺体の安置を依頼した時点で自身が実施すべき事務は終了したものと誤った認識を持っていたことに加え、組織内での業務管理がされていなかったため、事務遅延となってしまいました。

3 対応

告示、火葬、官報掲載事務を早急に実施いたします。なお、本件の発覚後速やかに、各区福祉課全職員に対して同様の事案がない事を確認しております。

4 再発防止策

  1. 課内において、行旅死亡人の取扱いについての研修を実施しました。
  2. 業務進捗の確認体制を改めて見直すとともに、進行管理チェックリストを新たに作成するなど、業務マニュアルの再整備を行い、進行管理の強化・徹底を図り、再発防止に努めます。
  3. 各区福祉課に業務の適正実施について周知徹底を図ります。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

緑区役所/健康福祉部/福祉課 
電話番号:048-712-1163 ファックス:048-712-1270

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る