ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月20日 / ページ番号:C058729

(平成30年3月19日記者発表)世界に誇れる“スタジアムタウン”を目指して!埼玉スタジアム2〇〇2のアクセス環境改善に取り組みます

このページを印刷する

  さいたま市が参画するみその都市デザイン協議会(会長:久保田尚 埼玉大学大学院教授)では、埼玉スタジアム2〇〇2でのサッカー試合日における美園地区内交通環境改善に向けた目標・実行戦略・重点プロジェクトをとりまとめた『美園スタジアムタウン スタジアムアクセス戦略』を策定しました。

 美園地区を世界に誇れる“スタジアムタウン”にするため、同戦略に基づく「公民+学」による複数の取組みが始動しています。2020年の東京五輪開催や今後の土地利用の進展を見据え、さいたま市も同協議会の一員として、アクセス環境改善の取組みを積極的に推進・支援してまいります。

 詳細は、別紙プレスリリース及びUDCMiウェブサイト(http://www.misono-tm.org/udcmi/)をご覧下さい。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市局/まちづくり推進部/浦和東部まちづくり事務所 
電話番号:048-878-5143 ファックス:048-878-5141

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る