ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月29日 / ページ番号:C059857

(平成30年5月28日記者発表)さいたま市の英語教育 PLAN THE NEXT

このページを印刷する

 小学校での英語教科化を盛り込んだ学習指導要領改訂、大学入試における英語の民間試験の活用等、英語教育は大きな変革期を迎えています。本市においては、市民、保護者の関心も高く、国に先駆けて実施している新たな英語教育「グローバル・スタディ」については、市立小・中学校での全校実施から3年目を迎え、そのあり方を見直す時期であると考え、「PLAN THE NEXT」を示すものです。

1 「グローバル・スタディ」実施の経緯
 東京オリンピック・パラリンピックを見据え、文部科学省から「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」が公表されたのは、平成25年のことでした。本市では、これを受け、国に先駆けて、英語によるコミュニケーション能力をはぐくむことと併せて多様性を理解し、つないでいくことの大切さに関する教育を盛り込んだ新たな英語教育「グローバル・スタディ」に着手いたしました。平成27年度、英語教育研究開発モデル校での実践からスタートし、平成28年度から、市立全小・中学校での実施につながった、本市の英語教育「グローバル・スタディ」は、本年度、当初からの計画であった小学校での全時数を行う全面実施の年を迎えています。

2 「PLAN THE NEXT」目的
 小・中学校9年間を一貫したカリキュラムとして開始した「グローバル・スタディ」は、市立小・中学校での全校実施から3年目を迎えています。本年度から、新学習指導要領の先行実施として、全国的に小学校での英語教育が拡大するなど、国の動向も注視しながら、「グローバル・スタディ」見直しの好機であると考えています。
 ここで「PLAN THE NEXT」として、GTECを活用し、エビデンスに基づくカリキュラムの見直し、授業改善につなげたいと考えています。また、さいたま市の目指す「12年間の連続性をもった教育活動の実践」といった視点から、さいたま市の英語教育の全体像を考えていきます。

3 「PLAN THE NEXT」実施計画
(1)GTECの実施(エビデンスベースの英語力育成に向けて)

日 時

場 所

GTECに係る

教員の事前研修会

平成30年6月13日(水)

青少年宇宙科学館

市内一斉のGTECの

実施(中学校第2学年)

平成30年8月29日(水)

~8月31日(金)

市立各中学校

事後研修会

生徒へのフィードバック

平成30年10月16日(火)

~10月26日(金)

プラザイースト他 ※参考

(2)「グローバル・スタディ」カリキュラムの見直し、改訂
 ・生徒一人ひとりの英語力、学校ごとの「グローバル・スタディ」実施状況に基づくカリキュラムの見直し、改訂
 ・「アクティブ・ラーニング」「ユニバーサル・デザイン」の視点
 ・小・中・高等・特別支援学校の立場からの見直し
(3)さいたま市「CAN-DOリスト」の作成
 ・さいたま市として小・中・高等学校12年間を見通した「CAN-DOリスト」の作成
(4)「グローバル・スタディ」研究フォーラムの開催
 ・「グローバル・スタディ」の効果測定の検証
 ・これからの「グローバル・スタディ」が目指すべき方向性
 ・「グローバル・スタディ」の授業実践


≪参考≫
 GTECの事後研修会の実施計画(予定)

日 時

会 場

参加校数

平成30年10月16日(火)

プラザウエスト

14校

(桜区、南区、中央区)

平成30年10月17日(水)

市民会館いわつき

15校

(岩槻区、見沼区)

平成30年10月24日(水)

プラザイースト

10校

(浦和区、緑区)

平成30年10月26日(金)

プラザノース

18校

(大宮区、西区、北区)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/指導1課 国際教育係
電話番号:048-829-1662 ファックス:048-829-1990

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る