ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年8月1日 / ページ番号:C060426

(平成30年7月9日記者発表)平成30年度「“彩の国”市民科学オープンフォーラム」~大宮駅グランドセントラルステーション化構想を『防災』の視点から考える~ を開催します

このページを印刷する

平成30年度「“彩の国”市民科学オープンフォーラム」~大宮駅グランドセントラルステーション化構想を『防災』の視点から考える~を開催します。

本市が策定した大宮駅グランドセントラルステーション化構想を題材に、専門家による防災を視点としたディスカッションを通して、参加者の皆様と一緒にまちの強靭化について考える「“彩の国”市民科学オープンフォーラム」を埼玉大学レジリエント社会研究センター※と共同で開催します。

              記 
 
1 日時 平成30年7月21日(土曜日) 13:00~16:00
2 会場 浦和コミュニティセンター 10階 多目的ホール
3 内容
1. 基調報告「大宮駅グランドセントラルステーション化構想について」(さいたま市長 清水 勇人)
2. 講演「さいたま市における防災(も)まちづくりへの期待と課題」(芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科教授 中村 仁氏) 
    「大宮GCS構想への期待と今後の論点」(埼玉大学研究機構レジリエント社会研究センター教授 久保田 尚氏)
3. パネルディスカッション
 司会 久保田 尚 氏 
パネリスト
 中村 仁    氏
 大熊 久夫  氏(埼玉大学理工学研究科特任教授)
 内田 奈芳美氏(埼玉大学人文社会科学研究科准教授 アーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長)
 清水 勇人    (さいたま市長)          
4 申込

定員

300名

参加費

無料

申込方法

ウェブサイトまたは電子メール、ファックスにてお申し込みください。

連絡先

埼玉大学研究機構レジリエント社会研究センター事務室

ウェブサイト:http://iirs.saitama-u.ac.jp

電子メール :info-iirs@gr.saitama-u.ac.jp

ファックス :048-858-9572

5 主催等
主催:埼玉大学研究機構レジリエント社会研究センター/さいたま市 
共催:自然災害研究協議会関東地区部会/公益社団法人地盤工学会関東支部
後援:国土交通省関東地方整備局/埼玉県/公益社団法人日本技術士会埼玉県支部/一般社団法人埼玉県建設コンサルタント技術研修協会/埼玉県地質調査業協会/公益社団法人日本都市計画学会


※埼玉大学レジリエント社会研究センターは、防災、環境、社会基盤を対象として真のレジリエント社会構築のための研究・教育・国際貢献を実施している組織です。

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市局/都心整備部/東日本交流拠点整備課 拠点施設整備係
電話番号:048-646-3281 ファックス:048-646-3292

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る