ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年10月25日 / ページ番号:C061998

(平成30年10月24日記者発表)徳川家康にまつわる伝説を再現する「昼間ノ渡シ火まつり」が実施されます

このページを印刷する

徳川家康にまつわる伝説を再現する「昼間ノ渡シ火まつり」が実施されます

かつての荒川の流路が取り残されてできたびん沼川にある「昼間ノ渡シ場跡」には、徳川家康にまつわる伝説が残されています。
この地域で活動する各種団体が集い実行委員会を組織し、この伝説を再現するイベントとして「昼間ノ渡シ火まつり」を実施します。地元小学生が作った灯ろうがきらめくびん沼川を、地域の方が扮する徳川家康が渡る様子をご覧になれます。 

1.日時

平成30年11月3日(土・祝) 16時~

2.場所

昼間ノ渡シ場跡(西区飯田新田)

3.伝説とは…

伝説によると、徳川家康が川越から岩槻に向かう途中、北条氏の残党に追われ、夜間にこの渡し場に着いた時、渡し守と村人達が盛んにたいまつを焚き、大勢がいるように見せ、残党を驚かせて退却させました。家康は渡し守と村人の機転に感謝し、辺りがたいまつで照らされ昼間のように見えたことから、この渡し場を「昼間ノ渡シ」と名付け、渡し守に「昼間」の姓を与えたのとのことです。

4.問合せ先

火祭りについて
昼間ノ渡シ火まつり実行委員会
会長 岡田 建
電話・FAX:048-623-9710

昼間ノ渡シの伝説について
昼間ノ渡シ友の会
代表 清水 文雄
電話・FAX:048-623-1891

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

西区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-620-2620 ファックス:048-620-2671

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る