ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年8月13日 / ページ番号:C017920

(令和元年8月11日記者発表)食品衛生法(農薬等の残留基準)に違反した食品について

このページを印刷する

 さいたま市食肉衛生検査所が収去した牛肉について、さいたま市健康科学研究センターにおいて検査したところ、食品衛生法第11条第1項の規定に基づく農薬等の残留基準を超えるイソプロチオラン(農薬若しくは動物用医薬品)が0.17ppm(牛の筋肉の基準値:0.02ppm)検出されました。

 さいたま市食肉衛生検査所は、本日、「さいたま食肉市場出荷組合」に対して、食品衛生法第54条第1項の規定に基づき、当該牛肉の回収及び廃棄を命令しました。

 事件の概要については、ダウンロードファイルをご覧ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る