ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年11月20日 / ページ番号:C076764

(令和2年11月19日記者発表)高齢者施設の新規入所者が希望により行うPCR検査の費用を助成します

このページを印刷する

令和2年9月15日の閣議決定に基づく国の支援制度創設を受け、当該制度を活用して、高齢者施設の新規入所者が希望により行うPCR検査の費用を助成します。
これにより、重症化リスクの高い高齢者等の不安解消や重症化抑制、高齢者施設におけるクラスター発生防止を図ります。
本事業は、令和2年度12月補正予算の成立をもって実施するものです。

1 対象者
  市内の施設・居住系サービス(※)に新規入所を予定している高齢者等のうち、希望する者 2,600人(見込み)
 (※)特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、認知症グループホーム 等

2 事業内容
 ○ PCR検査を希望する者の自費による検査の費用を助成(上限2万円)
 〇 希望者が、入所予定の施設または任意の医療機関において受検
 ○ 検査を実施した施設又は検査を受けた個人に対する償還払により助成

3 実施期間
  令和2年12月~令和3年3月

4 予算額
  52,000千円(国の補助金を活用)

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/高齢福祉課 企画施設係
電話番号:048-829-1259 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る