ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年10月28日 / ページ番号:C084729

(令和3年10月27日記者発表)東日本連携自治体の観光プロモーションを行うWEBサイトを公開します

このページを印刷する

 さいたま市では、東日本連携を構成する各自治体間の地域資源を相互活用した広域観光振興を促進するため、東日本連携広域周遊ルートを策定し、周遊ルート及び各自治体の認知度向上に向けて国内外へ情報発信を行っております。
 この度、連携自治体との共同による東日本ウェブプロモーションとして、各自治体の観光情報を発信するWEBサイトを公開します。

1 目的
 新型コロナウイルス感染症の拡大により疲弊した東日本地域全体の地域経済活性化に寄与するため、コロナ禍において変容した観光需要を捉え、またインバウンドの回復やDXを踏まえた情報発信を行うことで、東日本地域全体の観光ブランド力を向上し、東日本の「プラチナルート」構築に向け持続可能な事業化を目指すもの。

2 WEBサイトについて
 (1)サイト名   「つなぐ旅~東日本~ ひがしにほんトラベルガイド」
           URL:https://www.experienceeastjapan.jp/

 (2)言  語   日本語(今後、Google翻訳機能を使った多言語化を予定)
 (3)内  容   平日毎日投稿の東日本旅ニュース、グルメやモデルコースなどのテーマ性を持った連載記事を始め、“毎日見に来る価値のある”情報を掲載
 (4)公開日    令和3年10月27日(水)

3 WEBサイトイメージ(※パソコン版 TOPページ(一部))WEBイメージ

4 その他
 WEBサイト内の記事を投稿する公式Twitterを開設し、情報発信を行って行きます。
 また、幅広い年齢層が興味を持ち共感できるようなYouTube生配信番組を行い、その収録動画をWEBサイト内に掲載する予定です。

【東日本連携自治体について】
 北陸新幹線及び北海道新幹線の延伸・開業を契機として、東日本の各都市の連携による地方創生及び地域の活性化に向け平成27年より開催している「東日本連携・創生フォーラム」の構成都市。
 構成都市数:本市含め26自治体(令和3年10月27日現在)
 函館市、青森市、八戸市、盛岡市、仙台市、秋田市、山形市、福島市、会津若松市、郡山市、宇都宮市、小山市、那須塩原市、みなかみ町、新潟市、三条市、魚沼市、南魚沼市、高岡市、氷見市、南砺市、金沢市、長野市、上田市、福井市、さいたま市

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/観光国際課 観光振興係
電話番号:048-829-1365 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る