ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年11月9日 / ページ番号:C084957

(令和3年11月9日記者発表)市内医療機関における新型コロナウイルスワクチン廃棄に伴う接種予定者への対応について

このページを印刷する

令和3年11月6日(土)に、市内の医療機関において、ワクチンの不適切な保存による廃棄が発生し、24人が接種できない事案が発生しました。

1 経過
 11月6日(土)午前9時頃に市内の医療機関において、接種準備のため、冷蔵庫で解凍していたワクチンを取り出そうとした際に、冷蔵庫内の温度が低下し、再冷凍されていることが判明。なお、冷蔵庫内の温度が低下した原因については、調査中です。
 当該医療機関から6日(土)及び8日(月)に接種予定だった24人全員に連絡し、謝罪するとともに、さいたま市コロナワクチンコールセンターを案内。接種予定者とさいたま市コロナワクチンコールセンターにて、再予約の調整を行いました。
 なお、接種予定者のうち21人は、11月中に接種ができるよう調整済み。残る3人は、接種日時と会場を調整中です。

2 廃棄することになったワクチン数
 4バイアル(24回分)

3 再発防止策について
 ワクチンの保存方法及び適切な取り扱いについて、市内医療機関に改めて周知を行い、再発防止を図ります。

4 ファイザー社製ワクチンの管理方法について
 冷蔵庫(2~8度)で解凍する場合は、2~8度で1か月保存することができます。なお、解凍後は再冷凍せず、有効期間内に使用することとされています。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/新型コロナウイルスワクチン対策室 
電話番号:048-767-7397 ファックス:048-840-2210

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る