ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年4月1日 / ページ番号:C085377

(令和4年3月28日記者発表)掲出が終了した大型フラッグが「サデコMONOがたり」と協力し新たなグッズとして生まれ変わります!

このページを印刷する

市誕生20周年を記念して大宮駅に掲出していた大型フラッグを、障害者が作るハートフルグッズが揃うオンラインストア「サデコMONOがたり」の協力のもと新たなグッズとして生まれ変わらせます。

大宮駅に掲出した様子
大宮駅に掲出した大型フラッグ

企画から製作までの流れ

検討会議

「アップサイクル」という考えを基に、市と(公社)埼玉デザイン協議会、市内障害者施設で、「つながる」をコンセプトに、役目を終えた大型フラッグの使い方を検討(計3回)
※アップサイクル:端材や廃棄材に、デザインやアイデアなど新たな付加価値を持たせることで、新しい製品に生まれ変わらせるサステナブル(持続可能)な仕組み。

アップサイクル企画
アップサイクル企画で大型フラッグが生まれ変わる!

さいたま市

シティセールス推進課、障害者総合支援センター

(公社)埼玉デザイン協議会(略称SADECO)

「サデコMONOがたり」運営管理者。
埼玉県内の中小企業から出る端材、廃棄材をより良い価値の製品に生まれ変わらせるアップサイクルプロジェクトに取り組んでいます。

障害者施設

公益社団法人やどかりの里 すてあーず(見沼区南中野)
社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会 春里どんぐりの家(見沼区小深作)

本企画のコンセプト「つながる」

  • サステナブルな社会とつながる
  • 障害のある方が社会へつながる
  • 市民のみなさんとつながる

商品開発

公益社団法人埼玉デザイン協議会にデザインを依頼し、商品開発

製作

障害者施設の「すてあーず」「春里どんぐりの家」で、商品を製作

※詳細は、特設サイト(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

販売方法

障害のある方が作るハートフルグッズが勢揃いするオンラインストア「サデコMONOがたり」(新しいウィンドウで開きます)で、3月28日(月曜日)から、順次販売されます。

サデコMONOがたり
サデコMONOがたり
ポシェット
ヌゥのうろこポシェット
ペンケース
ヌゥのペンケース

プレゼント企画

市誕生20周年を通じた本企画の記念として、「ヌゥのうろこポシェット」を10人にプレゼントします。

ポシェット2
ヌゥのうろこポシェット

応募方法

4月28日(木曜日)(必着)までに、はがき(1人1通のみ)で、郵便番号・住所、氏名、電話番号を、下記担当課へ(抽選)。
※市ホームページでも申し込めます。なお、当選発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

応募先

〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6-4-4 都市経営戦略部
※3月31日(木曜日)までは、シティセールス推進課です。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/都市経営戦略部 シティセールス担当
電話番号:048-829-1034 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る