ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年3月10日 / ページ番号:C087620

(令和4年3月8日記者発表)「令和3年度不登校等について考えるシンポジウム」を開催します

このページを印刷する

「不登校経験者は、何を語り、何を語ってこなかったか」をテーマに、会場参加とオンライン参加のハイブリット型のシンポジウムを開催します。不登校体験者や教育関係者らがそれぞれの立場から、長期欠席の子どもたちの支援について語ります。

1 開催日時
 令和4年3月18日(金)15:00~16:40(開場 14:30)

2 会場
 さいたま市立教育研究所
 ※オンラインにて同時配信いたします。オンラインでの参加は視聴のみとなります。

3 テーマ
 「不登校経験者は、何を語り、何を語ってこなかったか」

4 シンポジスト及びコーディネーター
 相馬 誠一(東京家政大学名誉教授)…シンポジスト
 藤崎 育子(開善塾教育相談研究所長)…シンポジスト
 藤井 健人(埼玉県立大宮商業高等学校定時制課程教諭)…シンポジスト
 細田眞由美(さいたま市教育委員会教育長)…コーディネーター

※ 取材をご希望の場合は、3月16日(水)17:00までに総合教育相談室までご連絡ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/総合教育相談室 
電話番号:048-711-5495 ファックス:048-711-5672

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る