ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年3月22日 / ページ番号:C061555

さいたま新都心駅から少し離れた閑静な住宅街にひっそりと佇むカフェ「maru(マールーウ)」。
平成24年に大宮駅近くで営業していたお店を閉めた後、自宅の納屋を改築して現在のお店をオープンした。
門を開けると、そこには色とりどりの草花が咲き誇るお店自慢の庭が広がる。春になると庭に咲くしだれ桜が見事だそう。

maru
店名は、「丸く、人と人がつながる場所となるように名付けた」と店長の町田さんはいう。
その由来どおり、木々の温もりを感じる店内は、友人とのおしゃべりを楽しむ人やゆったりとした時間を過ごす人でにぎわう。
店内の様子
スタッフの皆さん
ランチタイムに人気のカレーは、季節ごとの旬な食材とそれぞれに合わせたスパイスを取り入れて、きれいな色どりで、見た目にも楽しく丁寧に作りあげられている。
ティータイムのスイーツもお店自慢の手作り。旬な果物などを取り入れたケーキは、季節によってメニューが変わる。サイフォンで淹れたコーヒーとあわせると格別だ。
カレー
スイーツ
美しい庭園を眺められる内装や、食事、その器など、一つひとつに店長のこだわりが感じられ、贅沢でゆっくりとしたひと時を味わえる。
「一人ひとりの人生を豊かにするように、楽しく、美味しいひと時をプレゼントできるようなお店にしたい」と町田さんは話す。
地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る