ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年3月15日 / ページ番号:C084575

市誕生20周年にちなんだエピソードをテレビやラジオで紹介しています

このページを印刷する

みんなのさいたまキャンペーンビジュアル

さいたま市誕生20周年を記念して、「みんなに伝えたいさいたま市の20年」をテーマに、20年間の想い出や市内のお気に入りの場所・風景など、皆さんのエピソードを募集しています。いただいたエピソードの中から、テレビ広報番組やラジオ広報番組で随時紹介しています。
※令和3年12月28日をもって、募集は終了しました。

テレビ広報番組「のびのびシティさいたま市」
テレビ埼玉(地デジ3チャンネル)で、毎月第1~4日曜日の10時45分から放送

毎回番組冒頭で出演者がエピソードを紹介します。

ラジオ広報番組「のびのびシティさいたま市」
REDS WAVE(87.3MHz)で、毎週金曜日の17時45分から放送(翌週火曜日の13時45分から再放送)
毎月第2金曜日(翌週火曜日)の放送でエピソードを紹介します。

 ラジオ広報番組「のびのびシティさいたま市」でエピソードを紹介しました

ラジオ広報番組「のびのびシティさいたま市」特別放送

テレビ広報番組「のびのびシティさいたま市」のレポーターである「ザ・たっち」さんと「yuka」さんが、ラジオ広報番組の特別放送に出演!皆さんからお寄せいただいた20周年エピソードや3人のお気に入りスポットを紹介しました。
特別放送の収録風景については、YouTubeでご覧になれます。音声だけでも楽しめる動画ですので、ぜひご覧ください!

※特別放送は、REDS WAVE(87.3MHz)で2月27日(日)と3月6日(日)に放送しました。
※テレビ広報番組「のびのびシティさいたま市」では、特別放送の収録の様子を放送しました。こちらもぜひご覧ください。
詳しくはリンク先でご覧になれます。

【ページ上部に戻る】

皆さんのエピソードを紹介します

市ホームページやテレビ広報番組「のびのびシティさいたま市」のお便りでお寄せいただいたエピソードの一部を紹介します。皆さん、たくさんの素敵なエピソードをありがとうございます。
※カッコ内はエピソードをお寄せいただいた方のニックネームです。

お気に入りのアイコン
私は、岩槻区に住んでいます。高校は、浦和学院でした。でも、今は埼玉スタジアムに赴くのを、主としています。それは、浦和レッズという埼玉の誇るチームが活躍している姿を見たいからです。一緒に戦っている感じになり、生まれ育った地でこんなにも嬉しいことはそうそうないので、埼玉に生まれて両親に感謝です。これからも、さいたま市の魅力を見ていきたいと思います!(岩槻区在住 「第一空挺団」さん)

想い出のアイコン
60歳の還暦の記念に、日本橋から京都三条大橋までの中山道を歩きました。完全踏破に要した期間は、1999年3月から2001年までの約2年間で、同行者は延べ50人になります。今年で20年になりますが、何かさいたま市制20年と重なり不思議な感じです。下見を含めると、約4年間を中山道に費やしたことになります。(見沼区在住 「平成の貝原一軒」さん)
※9月5日・12日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

お祝いメッセージのアイコン
私は2001年の4月生まれです。今年成人を迎えました。生まれたときはまだ大宮市でしたが、さいたま市は私にとってホームタウンであり、共に歩んできたかけがえのない同級生です。成人おめでとう、さいたま市!これからもよろしくね。(北区在住 「むささび」さん)
※10月3日・10日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

さいたま自慢のアイコン
さいたま市にはおよそ12年前の2009年に転居して来ました。最初は浦和区ですが,人口130万人都市に発展するとは予想外でした。またJチームが2つも有り,ワールドカップや五輪の会場まで揃っている都市は日本広しといえど,このさいたま市位では無いでしょうか?現在はコロナ禍で非常に厳しい状況ですが,この危機を乗り越えて更なる発展を期待したいものですね。(見沼区在住 「クリタケ」さん)

想い出のアイコン
98年に結婚して浦和に引っ越してきて22年が経ちます。子供2人に恵まれました。下の子はさいたま市と同じ2001年に生まれました。市政10周年記念には緑区代表としてスーパーアリーナのステージに立ちキックオフしたシーンがのびのびシティで放映され、その時からのびのびシティさいたま市を見ています。(浦和区在住)
※6月20日・27日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
20年間の月日で、大きな転機となった、さいたま市の誕生、そして、さいたま新都心駅や、さいたまスーパーアリーナ、埼玉スタジアム2002ができて、みるみるうちに変貌をとげていった、埼玉県の中心地。街並みがどんどん変わっていき、あの「ダサい玉」と言われていた埼玉県が、他県に負けないくらい、あか抜けた、すごい県になってるなあ~と、実感しました。私の地元川口市では、埼玉高速鉄道も開通し、地元に地下鉄が走るという事に、とても感激したのを覚えてます。京浜東北線でも、埼玉高速鉄道でも、川口市とさいたま市はつながっているので、今後も、お隣同志、お互いの市で、埼玉県を盛り上げていけたらいいなあ~と、思います。(川口市在住 「たまママ」さん)

想い出のアイコン
この20年間でよく行っていた中央デパートの閉店が、私の中では大きな出来事でした。切なさと寂しさはありますが、現在は複合施設の建設中のようなのでオープンが楽しみです。また、盆栽美術館のオープンは、さいたま市に国際的に誇れる施設が出来て良かったです。海外からの友人(オランダ、フランス)を連れて行きましたが、皆喜んでいました。今度は岩槻の人形博物館に連れて行きたいです。(見沼区在住「ハッピーメイちゃん」さん)

想い出のアイコン
私の20年、子供が学生から社会人になり今は一緒にお酒を飲み社会の出来事を一緒に話せるのが楽しくなりました。ハイキングが好きでさいたま市も見沼代用水の桜、大宮公園の梅、岩槻のお雛様祭り、盆栽祭り、酒蔵見学、与野の七福神巡りなど歩いて楽しみましたね。コロナで外出を控えている今懐かしく思い出しました。(伊奈町在住 「のんびりおばさん」さん)

お気に入りのアイコン
さいたま市に引っ越してきて驚いたのは、図書館の充実ぶり!1人30冊まで借りられる図書館はあまりなく、せいぜい10冊程度。浦和の中央図書館や、大宮図書館がお気に入りで、本に向かい合い自分を見つめ直す、またとない機会になっています。(浦和区在住「まっくん」さん)
※8月1日・8日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
2002年サッカーワールドカップの開催時、ブラジル代表チームが近所の大宮公園サッカー場で練習している様子を外から少し見た事を思い出しました。(北区在住 「甘栗」さん)
※6月6日・13日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
この20年、私も仕事で忙しくしていたのも終わりにし、今は畑に出ていくのが楽しみになっています。さいたま市はビルが立ち並び大都市になっていますが、私の畑ではイチゴ、柿、桃がここ3年くらいでやっと実がつき楽しくなってきました。野菜の種類も増え楽しくやっていますが、無農薬なので野菜の芽が出たと楽しみにしていると野菜の芽がほとんど消えてガッカリしたりして虫と戦っていますが、成長した野菜を食べるのが楽しみになっています。さいたま市の成長も楽しみにしています。遊びに行けるところを沢山作って下さい。(伊奈町在住 「はたけのおばちゃん」さん)

お気に入りのアイコン
20年あっという間に過ぎ、勤務先が大宮にあったので大宮駅はよく使いましたね。使いやすい、楽しい大宮駅になりましたね。歳を取り大宮までも行く機会がなくなり駅をぶらぶらすると迷ってしまう事ありますね。大宮から新都心までキョロキョロしながら新しいお店できたかなど歩くのが好きです。(伊奈町在住「シロクマ」さん)

お気に入りのアイコン
南区に住んでいるのですが、平成14年(2002年)に制定された市の木=ケヤキは実家のある中央区の埼大通り、市の花=サクラソウは桜区の秋が瀬に、そして市の花木=サクラは近所の公園などにあって、緑豊かな環境が守られていて良いと思います。(南区在住「ヒロおじさん」さん)

想い出のアイコン
埼玉に嫁いで30余年、ここ10数年は夫婦でサイクリングにハマっていて、さいたま市の色々な所に行って楽しんでいます。岩槻区は馴染みがありませんでしたが同じさいたま市だということもあり、昨年初めてサイクリングに行ってみました。城址公園や大きな造り酒屋、川越とは趣きの違う時の鐘。合併して大きくなったさいたま市。もっと知らない素敵なところがいっぱいあるんでしょうね。これからもさいたま市のことを沢山教えて下さい。よろしくお願いします。(中央区在住「あいちゃん」さん)

お祝いメッセージのアイコン
さいたま市が誕生して20年ですが、大都市そのものです。私が生まれた旧大宮は今も懐かしく思ってます。さいたま市のこれからの発展に期待をしています。(熊谷市在住「熊谷のオヤジっち」さん)
※7月4日・11日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
2006年浦和レッズがJ1リーグ年間優勝したことと、大宮アルディージャが2012~2013年にかけて21戦無敗記録で活躍し、サッカーの街を印象づけてくれたです。(南区在住「アーおじさん」さん)
※8月15日・22日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
私がテレ玉を見始めたのがデジタル放送化がきっかけなので、合併から時が経ったのだなと感じました。大宮駅から川越沿線の車窓は緑が多く、畑や田んぼ等が広がった風景が多かったのですが、今では住宅も広がり、この開発のスピードは合併のお陰なのかなと思っております。また、思った以上に農地等も沢山残っているところが番組で拝見でき、嬉しくも存じます。これからも市民の健康と新しい開発と心が癒される街作りに励まれてください。(児玉郡美里町在住「さくらパフェ」さん)

お祝いメッセージのアイコン
さいたま市になって20周年になり、ますます住みやすい都市になったと思っています。近代未来そのもののさいたま市は埼玉県民として誇りに思います。老後はさいたま市に住みたいですね。(熊谷市在住「彩の国のあけみしゃん」さん)
※9月19日・26日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

お気に入りのアイコン
元々さいたま市外在中でしたが、6年前結婚を期にさいたま市に移り住みました。春は見沼たんぼの桜並木、夏は大宮氷川参道のけやき並木を家族で散歩するのが大好きです。さいたま市は生活も便利で、街は綺麗で、田舎にもすぐで、災害は少なく、本当に素敵な街ですね。これからも応援しております。(大宮区在住「いちご大好きわかちゃん」さん)
※10月17日・24日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

さいたま自慢のアイコン
転勤で色々な県に住みましたが、さいたまは、他のどこよりもずば抜けて、住みやすく良い街だと思っています。道路がきれいに整備され、自転車道がしっかりとあり、歩道も広くわかれているところが多いので小さな子供にも安心です。ショッピングができる街も近くて買い物には困らない一方で、少し離れれば自然が多く空気もきれいで癒やされます。さいたまの良さをもっともっとたくさんの人に知ってもらえたらいいなと思っています。これからの20年もさいたま市の発展に期待しています。(緑区在住「わんぱくBOYママ」さん)

さいたま自慢のアイコン
さいたま市が誕生して20年。今では大宮、浦和、さいたま新都心などが「住みたい街ランキング」で上位に上がってくるほどの人気になってきました。都心から近く、通勤やリモートワークがしやすいことに加え、お店や遊ぶ場所もたくさんあることが嬉しいです。これからも住みやすく、働きやすく、たくさん遊べる良い街になっていくことを願っています。(中央区在住「ふっちー」さん)
※11月7日・14日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
「ランニング」です。2006年に息子とシティマラソン3キロメートルに出場し、2012年にハーフマラソンを走り、2017年にフルマラソン(国際マラソン)を走るというステップアップの20年でした。健康にもなったし、さいたまの色々なところを走りました。(中央区在住「ダリ山」さん)

想い出のアイコン
20年間のエピソードとして記憶に残っていることは、移転された鉄道博物館が開館されたことです。私は子供の頃よく連れて行ってもらいました。あの博物館内の懐かしい香りや楽しさは忘れません。(比企郡小川町在住「赤貝くん」さん)

さいたま自慢のアイコン
さいたま市の人口が増え、とくにさいたま新都心の繁栄ぶりがすごいです。ただし、少し歩けば自然豊かなところがあるので、どんどん紹介をお願いします。(大宮区在住「怒り顔」さん)
※11月21日・28日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

お祝いメッセージのアイコン
自分は与野生まれで、娘二人はさいたま市生まれです。これからも家族揃って、さいたまが大好きな「たまっ子」でいきたいと思ってます。(中央区在住「としたろぉ」さん)
※12月5日・12日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

お気に入りのアイコン
人形で溢れる岩槻区に住んでいます。小学校の高学年などに木目込み人形をつくったことを今でも思い出に残っており、家で大切に保管をしています。そんな人形の街岩槻をこれからもたくさんの人に知ってもらいたいなって思うようになり、気づいたら学校の先生になっていました。さいたま市をこれからも愛し続けたいと思います。(岩槻区在住「えびまっきー」さん)
※1月16日・23日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

お気に入りのアイコン
14年前(2007年)にオープンした鉄道博物館はマニアでなくても楽しめる所だと思います。(南区在住「ヌゥ太郎」さん)

さいたま自慢のアイコン
当時の浦和市に引っ越してきてから、さいたま市になるまでずーっと埼玉暮らしです。東京に住んでいた期間よりかなり長くなりました。それだけ埼玉が暮らしやすいのですね。(北区在住「北区の凡才」さん)

想い出のアイコン
私の娘は、さいたま市が誕生した2001年5月1日に結婚しました。そして同年9月初孫が誕生し、1月10日に成人式を迎えます。さいたま市と共に大人になりました。心から祝福したいと思って居ります。
(桜区在住「お花大好きおばさん」さん)
※2月6日・13日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

想い出のアイコン
さいたま市には実は20年を倍にした40年前まで住んでいましたが、昨年東京から再び引っ越してきました。私たち家族はこの20年間海外で暮らしてから結婚して東京に、そしてさいたま市へと引っ越して目まぐるしく過ごしていましたが、先日久々に昔子供の頃に連れて行ってもらった浦和の鰻屋に行って変わらない部分と20年間で目まぐるしく開発された街並みを両方見てきました。20年間は短いようで長いと実感しました。(岩槻区在住「こう」さん)

想い出のアイコン
さいたま市が誕生20周年を迎えた年に、市内で一人暮らしを始めました。色んなことが初めてで最初は不安でいっぱいでしたが、あっという間に半年が経とうとしてます。これからも長く住み続けていきたいです!(浦和区在住「リリー」さん)
※3月6日・13日放送のテレビ広報番組で紹介しました。放送内容は市公式YouTubeでご覧になれます。(新しいウィンドウで開きます)

【ページ上部に戻る】

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/秘書広報部/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る