ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月5日 / ページ番号:C054269

中央図書館の紹介

このページを印刷する

各図書館の住所・電話番号・開館時間等はさいたま市図書館ホームページをご確認ください。
さいたま市図書館(新しいウィンドウで開きます)

さいたま市図書館は中央図書館の他、拠点図書館10館、地区図書館14館、合計25館で運営しています。
「地域の知の拠点」として市民の知的活動を積極的に支援するため、市民の多様なニーズに応える資料を収集・保存し、情報提供に努めています。

主な事務

[管理課]
・拠点図書館と地区図書館との管理業務に係る連絡調整に関すること。
・図書館の整備計画に関すること。
・図書館の開設に関すること。
・さいたま市図書館協議会に関すること。
・電子計算機の運用に関すること。
・施設及び設備の維持管理に関すること。
・前各号に掲げるもののほか、図書館業務に関すること。

[資料サービス課/拠点図書館]
・拠点図書館と地区図書館との連絡調整(管理業務を除く。)に関すること(資料サービス課に限る。)。
・図書館関係団体に関すること。
・図書館統計及び広報に関すること。
・図書館資料の収集、選択、整理、保存及び廃棄に関すること。
・郷土資料及び地方行政資料に関すること。
・寄贈及び寄託資料の受入及び保管に関すること。
・図書館資料の利用、参考調査及び相談業務に関すること。
・児童青少年奉仕並びに学校との連携及び協力に関すること。
・障害者奉仕に関すること。
・団体貸出しの運用に関すること。
・集会及び文化活動の企画及び開催に関すること。
・読書の普及及び援助に関すること。
・所管する地区図書館又は分館の管理運営に関すること(拠点図書館に限る。)。
・文化施設の利用に関すること(大宮図書館、大宮西部図書館、春野図書館、与野図書館に限る。)。
・移動図書館に関すること及び配本所に関すること(大宮西部図書館に限る。)。
・さいたま市立視聴覚ライブラリーに関すること並びに視聴覚教育の調査研究及び教材作成に関すること(北図書館に限る。)。
・前各号に掲げるもののほか、図書館業務に関すること。

さいたま市図書館ビジョン

さいたま市の図書館が、今後、取り組むべきサービスの目標や指針、管理運営などの基本方針を「さいたま市図書館ビジョン」として平成25年3月に策定しました。

・知的好奇心に応える図書館
 生涯学習と情報発信の拠点として市民ニーズに応える資料を収集・保存し、さらに情報化に対応したサービスを提供して市民の知的活動を支援します。

・生きる力を支える図書館
 誰もが利用しやすいサービスをすすめ、市民が自ら必要な知識・情報・スキルの獲得ができる環境を整備します。

・市民とともに歩む図書館
 図書館運営の現状と課題を市民と共有し、市内で活躍する豊富な人材と連携・協働することにより、地域の特色を生かした運営をします。

・誰もが安心して使える図書館
 さいたま市図書館ネットワークを活用したサービスを展開するとともに、市民の要求に的確に応えるため、図書館職員の資質・能力の向上を図ります。
 市民の誰もが安全安心に利用できるよう、施設・設備の充実に努めます。

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/中央図書館/管理課 
電話番号:048-871-2172 ファックス:048-884-5500

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る