ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年7月20日 / ページ番号:C000617

総務課の紹介

このページを印刷する

住所 〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6丁目4番4号 さいたま市役所2階
電話 048-829-1083(総務係) 048-829-1085(文書係)
ファックス番号 048-829-1983 

総務局総務部総務課では、議会運営、平和推進、文書管理及び公印管理の総括、行政組織及び事務の分掌、職務権限、附属機関等に係る調整、外部監査に係る調整などの事務を行っています。

課の主な事務

  • 市議会に関すること。
  • 儀式式典に関すること。
  • 文書事務の総括に関すること。
  • 文書の収受、発送及び保存に関すること。
  • 公印に関すること。
  • 市の境界に関すること。
  • 平和推進に関すること。
  • 行政組織及び事務の分掌に関すること。
  • 職務権限に関すること。
  • 附属機関等に係る調整に関すること。
  • 外部監査に係る調整に関すること。

文書管理事業

文書事務を総括管理し、各課における文書事務が適正かつ円滑に処理されるよう指導及び調整を行っています。
また、文書事務を効率的に執行するため、電子文書管理システムの運用、ファイリングシステムによる整理・保存、郵便物の一括発送などを行っています。

平和推進事業

さいたま市は『さいたま市平和都市宣言』を制定し、世界に開かれた都市づくりを推進するとともに、核兵器等の廃絶と世界の恒久平和の実現に貢献することを誓い、国内外に広く発信しています。
戦争の実態と平和の大切さを後世に伝えていくために、「さいたま市平和展」や、子どもたちの平和への思いを表現した「さいたま市平和図画・ポスターコンクール」など様々な取り組みを行うなど、世界平和の維持と人類の繁栄に最大限の努力をしてまいります。

行政管理事業

簡素で効率的な組織を目指し、組織の体制整備を行っています。
附属機関等の適正な設置と円滑な運営のための管理を行っています。

北朝鮮による拉致問題解決のための署名にご協力ください。

北朝鮮が日本人拉致を認め、拉致被害者5名が帰国してから10年以上の歳月が流れましたが、いまだに新たな拉致被害者の帰国が実現されていません。
拉致問題の解決のためには、国民全体による「拉致は許さない」という強い意志を示す必要があります。拉致被害者家族連絡会(家族会)や北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)では、拉致問題の早期解決のための署名運動に取り組んでいます。
つきましては、署名活動にご協力いただける方は、下記のホームページより用紙をダウンロードしていただき、ご活用ください。集めた署名用紙(原本)につきましては、お手数ですが下記の住所まで郵送してください(ファックスは不可)。

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905 救う会

なお、本市で受け付けをしておりました署名は、56,179筆となりました。ご協力、ありがとうございました。

関連情報

署名用紙

リンク
救う会全国協議会ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
政府拉致問題対策本部ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
北朝鮮による日本人拉致問題の埼玉県のホームページ(新しいウィンドウで開きます)

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/総務部/総務課 
電話番号:048-829-1083 ファックス:048-829-1983

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る