ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月21日 / ページ番号:C006042

生活科学課の紹介

このページを印刷する

住所 〒338-0013 さいたま市中央区鈴谷7丁目5番12号
電話番号 048-840-2260(食品化学係) 048-840-2261(家庭化学係) 048-840-2262(病理微生物係)
ファックス番号 048-840-2267

生活科学課は、食品化学係、家庭化学係、病理微生物係の3係で構成され、保健所、食肉衛生検査所の依頼により、検査を行っています。

  • 食品化学係では、食品添加物や残留農薬等の食品理化学検査を行っています。
  • 家庭化学係では、水質検査や家庭用品に含まれる有害物質、健康食品中の医薬品成分の検査を行っています。
  • 病理微生物係では、食品中の細菌検査や食中毒原因菌の検査、食用の牛や豚の組織検査、ダニや寄生虫などの衛生害虫の検査を行っています。

課の主な事務

  • 食品の規格基準等に係る検査及び調査研究等に関すること。
  • 食中毒に係る検査及び調査研究等に関すること。
  • 医薬品、家庭用品等に係る検査及び調査研究等に関すること。
  • 室内環境に係る検査及び調査研究等に関すること。
  • 飲料水、プール水等に係る検査及び調査研究等に関すること。
  • 衛生害虫等に係る検査及び調査研究等に関すること。
  • 病理学等に係る検査及び調査研究等に関すること。

食品化学係の検査業務

保健所、食肉衛生検査所の依頼により、以下の検査を行っています。

  • 規格基準等検査
    市内で生産・販売されている食品が食品衛生法の基準等に適合しているか検査を行っています。
  • 食品添加物検査
    食肉製品、魚介類加工品、漬物や菓子などの食品に含まれる合成保存料・甘味料・着色料などの検査を行っています。
  • 残留物質検査
    野菜・果実や食肉・魚介類に残留の可能性のある農薬および動物用医薬品などの検査を行っています。
  • アレルギー物質および遺伝子組換え食品検査
    アレルギー物質の中でも表示義務のある特定原材料(小麦・そば・落花生・卵・牛乳)が表示のない食品中に含まれていないか検査を行っています。また、遺伝子組換え食品の検査を行っています。
  • 食品中の化学物質および自然毒検査
    清涼飲料水中の重金属や、魚介類中の有機スズ化合物等の検査を行っています。また、魚介類中の自然毒の検査を行っています。
  • 苦情、食中毒検査
    苦情食品、食中毒等の原因を調べるための検査を行っています。

家庭化学係の検査業務

保健所の依頼により、以下の検査を行っています。

  • 水質検査
    飲用水・プール水・浴用水などの水質検査を行っています。
  • 家庭用品検査
    市内で販売されている繊維製品などの家庭用品に含まれる有害物質の検査を行っています。
  • 健康食品検査
    いわゆる健康食品の医薬品成分の有無の検査を行っています。
  • 室内環境検査
    シックハウスの原因物質や室内空気の揮発性有機化合物の検査を行っています。 

病理微生物係の検査業務

保健所、食肉衛生検査所の依頼により、以下の検査を行っています。

  • 規格基準等検査
    市内で生産・販売されている食品が、食品衛生法の規格・基準等に適合しているか検査を行っています。
  • 苦情・食中毒病因物質検査
    苦情品の細菌等検査や食中毒の原因究明のため、便や食品等の細菌・寄生虫検査を行っています。
  • 病理検査
    牛や豚の組織を詳細に観察し、疾病の有無を調べています。
  • 衛生害虫検査
    吸血・刺咬によって直接人体に害を与える虫や、直接の害はないものの、見たときに不快感を与える虫などの検査を行っています。

健康科学研究センター内リンク

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/生活科学課 
電話番号:048-840-2260 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る