ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年6月12日 / ページ番号:C050279

若年性認知症の方を支援しています

このページを印刷する

さいたま市では、若年性認知症の方とそのご家族を支援するため、若年性認知症の方向けの支援事業を実施しています。

若年性認知症とは

65歳未満で発症する認知症を、「若年性認知症」と言います。
若年性認知症の方は、社会的役割が大きい世代であり、認知症になって職を失うと経済的問題が大きくなります。
また、配偶者が家庭内の多くの役割と介護を担うことが多く、身体的、精神的、経済的な介護負担が大きいと言われています。
そのため、高齢者の認知症とは違った独自の支援が必要とされています。

※若年性認知症については、以下のページでも詳しく解説されていますので御覧ください。

若年性認知症コールセンター(認知症介護研究・研修大府センター)ホームページ
http://y-ninchisyotel.net/

若年性認知症支援コーディネーターに相談しましょう

さいたま市では、若年性認知症支援コーディネーターを配置し、若年性認知症のご本人やご家族のほか、医療機関や介護支援専門員等の関係者からの相談を受け付けています。

若年性認知症支援コーディネーターとは

若年性認知症支援コーディネーターは、若年性認知症の人のニーズに寄り添い、関係機関やサービス担当者との「調整役」となります。
必要に応じて、職場や福祉サービス事業所等と連携し、就労継続や居場所づくりを働きかけるなど、本人が自分らしい生活を継続できるよう総合的なコーディネートを行います。

  • 相談受付時間  月曜日~金曜日 午前9時~午後4時(年末年始・祝日を除く)
  • 相談先     公益社団法人認知症の人と家族の会埼玉県支部
            電話 048-814-1212
            Fax  048-814-1211(Faxは随時受け付けています)
            

若年性認知症支援コーディネーターの役割

集い、ともに交流・活動しましょう

集いの場「アクティー浦和」 

若年性認知症の方々が集い、互いに交流しながら、年賀状などの作品づくりや、畑作業、散策などを行う活動拠点、「アクティー浦和」を設置しています。
アクティー浦和では、参加者の個性や持てる能力を活かし、様々な活動を行うお手伝いをします。
参加する方にとっては、同じ悩みを共有できる仲間が集い、交流できる貴重な場所となっています。是非御参加ください。

  • 開催日時  原則毎週 水曜日、金曜日(週2回) 午前10時~午後3時 (参加する曜日については、問合せ先に御相談ください)
  • 開催場所  浦和区常盤5-3-2 近代常盤ハイツ206 (原則として送迎はありません。以下の問合せ先に御相談ください)
  • 対象者   さいたま市民で、若年性認知症の方(本市の介護保険の第2号被保険者)
  • 定員    各回6名
  • 利用料   無料 (参加者の昼食代や作品材料費等の実費は、自己負担)
  • 問合せ先  048-767-3780 (特定非営利活動法人生活介護ネットワーク)

若年性認知症の方が利用できる支援

他にも、若年性認知症の方が利用できる制度がありますので、以下のダウンロードファイルをご覧ください
また、認知症ガイドブック(認知症ケアパス)もご覧ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/いきいき長寿推進課 介護予防係
電話番号:048-829-1286 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る