ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J001931

薬事衛生

健康サポート薬局についての説明及び届出のあった市内薬局の一覧を掲載しています。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)に基づき、保健衛生の向上を目的として薬局、医薬品販売業等の許可及び監視指導等を行っています。過去10年度分の薬局等許可件数の推移は以下のとおりです。

毒物及び劇物指定令の一部改正等について、厚生労働省から通知がありました。

毒物及び劇物指定令の一部改正等について、厚生労働省から通知がありました。

温泉を不特定の者に利用する場合は、温泉法第15条に基づき、事前に許可を受ける必要があります。

改正健康増進法が2019年7月1日に一部施行されるため、受動喫煙への対策が必要になります

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(改正薬事法)、毒物劇物取締法に関すること、医薬品・健康食品・家庭用品等にかかわる安全性情報や注意喚起は、こちらでご確認ください。

さいたま市内の場合、麻薬及び向精神薬取締法・覚せい剤取締法に関する手続き及びお問い合わせ先は鴻巣保健所になります。

青酸カリを入れた医薬品を流通させるという脅迫文が複数の製薬会社等に届いた事件を受けて、厚生労働省から毒物劇物の適正な保管管理のさらなる徹底について通知が発出されました。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の施行(平成29年厚生労働省令第106号の内容について)

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部改正があり、薬局における薬剤師不在時の登録販売者等による第二類・第三類医薬品の販売等について所要の措置が講じられました。

医療機器の適正な使用のために必要な情報提供を行ってください。

医薬品等(いわゆる健康食品を含む)の広告は、医薬品医療機器等法により規制されています。

厚生労働省より「医薬部外品又は化粧品の使用による健康被害の報告について」の通知がありました。

厚生労働省より「『PMDAメディナビ』の利用の促進について(お願い)」の通知がありました。下記より、ご確認ください。

医療機関、薬局及び保険者における個人情報の取扱いに関する不適切な事例が厚生労働省へ複数寄せられていることから、診療報酬明細書等の個人情報の適切な取扱いについて、平成23年8月3日付及び平成24年10月…

変更届現在の届出事項に変更があった場合には、変更の日から30日以内に届け出なければなりません。提出部数:1部(控えが必要な場合は、自社控え用もお持ちください。

新規・更新許可申請、その他届出、変更届・休廃止届、管理者の兼務許可

薬物乱用防止啓発活動用の教材ビデオ・DVD及び薬物標本を貸し出します。

「毒物劇物安全管理ガイド」を作成しました。安心・安全な生活を守るために、毒物劇物の取扱いに関する注意事項をまとめました。参考にご覧ください。

現在、情報が登録されていません。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る