ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年11月11日 / ページ番号:C075230

防犯意識を高めよう!~子どもの防犯教室~

このページを印刷する

 近年、幼い子どもが被害者となる痛ましい事件が後を絶たず、そういった危機事案から子どもたちを守るためには保護者、学校関係者の方々はもちろん子供たち自身が「自分の身は自分で守る」ことを身につけることも大切です。
 親子で学習していただけるきっかけにしていただけると幸いです。

子どもに対する声かけ事案の状況
令和2年1月~9月に埼玉県内では、子どもに対する声かけ事案(※)が1,865件発生しています。
※子どもに対する声かけ事案とは、18歳以下の者に対して、「声をかける」「手を引く」「後をつける」等の行為で、重大な犯罪の前兆として捉えられる事案をいいます。

声かけ事案の傾向(令和2年1月~9月)
・小学生と中学生を対象とした事案が、77.5%を占める。
・女子を対象とした事案が、62.0%を占める。
・下校・帰宅途中における発生が、52.5%を占める。
・15時台~17時台に発生が集中し、52.7%を占める。
・道路上における発生が、72.6%を占める。
・単独行動時における発生が、59.1%を占める。

声かけ事案の傾向
1.子どもが興味を持つもので誘う
「子犬を見にこない?」「テレビ局だけど、インタビューに答えてくれる?」「雑誌のモデルにならない?」

2.困っているふりをする
「道を教えて」「財布を落としたので一緒に探してほしい」

3.緊急事態を装う
「お母さんが病院に運ばれたからすぐに来て!」「おうちが大変だから早く車に乗って!」

4.おどかす
「万引きしたでしょう」「君のせいで車に傷がついた。警察に行こう」

声かけの具体的事例(令和2年9月)
・小学男児が徒歩にて下校途中、男に「一緒に○○行かない?」と声をかけられ男児は「僕には関係ないので行かないです。」と断ったが、男から「飴を買ってあげるから行こう。」と無理矢理腕を引っ張られたため、男児が防犯ブザーを鳴らしたところ男は立ち去ったもの。
・小学女児が徒歩にて下校途中、男から細い路地に入った際に「何年生?」と声をかけられ、男が所持していたスマートフォンの画面を見せられたが女児は怖くなり画面は見ずに走って逃げたもの。

効果的事例
・大声をあげる
・防犯ブザー等を使用する
・子ども110番の家に避難する

出典:埼玉県警察ホームページ(https://www.police.pref.saitama.lg.jp/c0010/kurashi/hanzai-kotai.html

犯罪被害にあわないために~4つの約束をおぼえよう~
1.ひとりにならない
2.しらない人についていかない
3.大きな声でたすけをよぶ
4.だれとどこで何時まであそぶか家の人に話す

他にも、
「いかのおすし」というものがあります。

 いか                        の                        pdf pdf  

 お                         す
pdf pdf

 し
pdf
 
保護者の皆様へ~お子さんの安全を守るために~
・車に乗った人に声をかけられたら
「道がわからないから車に乗って案内して」「家族が事故に遭って病院に運ばれた。病院まで車で送ってあげる」等と、ウソの話で車に乗るように誘ってくる不審者もいます。
 お子さんには《道聞き等で声をかけられても、不用意に近寄らず一定の距離を保つ・家族以外の車には絶対に乗らない》など、繰り返し指導しましょう。

・身近な場所でも注意が必要です
1.普段よく利用するお店では…
お店の中でも、ひとりでいる子供が不審者に声をかけられる事案が発生しています。慣れたお店でも子どもひとりにさせないようにしましょう。
また、お子さんにお店のトイレを使用させる時でも、トイレの中に不審者が潜んでいることもあるため、子供ひとりでは行かせず、必ず保護者の方が付き添い安全を確認してから使用させるようにしましょう。

2.マンション等でエレベーターに乗る時は…
子供がエレベーターの中で不審者に身体を触られる等の事案が発生しています。マンション等のエレベーターに乗る時は《乗る前に不審者がいないか周囲を確認する・知らない人とはなるべくふたりきりでは乗らない・いつでも非常ボタンを押せる位置に立つ》ことを繰り返し指導しましょう。

3.近所の公園では…
 不審者は、トイレや遊具等の人気がなく死角になりやすい場所に潜んで、ひとりでいる子供を狙っています。近所の公園などの慣れた場所でも油断は禁物です。友達と複数で遊ぶ・人気のない場所には近づかないよう繰り返し指導しましょう。

・お子さんだけで留守番をする時は
不審者が自宅を訪れ、留守番中の子供に家族の不在を確認し、家に上がり込もうとする事案も発生しています。お子さんだけで留守番をする時は、家族以外の者には応答しない・玄関や窓の鍵は必ずかけておくよう指導しましょう。

・防犯ブザーは、いざというときにすぐ使える状態で携帯しましょう!
ランドセルなどに取り付ける場合は、すぐに使える位置にあることを確認しましょう。また、定期的に電池交換をして、常に使える状態にして携帯しましょう。

出典:埼玉県警察ホームページ(http://www.police.pref.saitama.lg.jp/c0011/kurashi/seihanzai-boushi2.html

やってみよう!~防犯クイズ~
自分の防犯意識はどれくらいかな?全問正解できるか挑戦してみよう!
答え合わせはおうちの方と一緒にやってみよう!
防犯クイズ(PDF形式141キロバイト)
防犯クイズの回答(PDF形式70キロバイト)

ヒヤリハットマップで確認してみよう
中央区では、区内の小学校における危険箇所について保護者の方々を中心に情報収集を行い、関係機関と連携しながら『ヒヤリハットマップ』を作製しています。
お子さんとヒヤリマップを確認して、常に交通事故や防犯等に対する意識を向上させてみてはいかがでしょうか。
https://www.city.saitama.jp/chuo/001/001/003/p036723.html

防犯について楽しく学べる資料を紹介します

・人形劇の防犯動画

埼玉県警察本部の防犯指導班「ひまわり」は、子どもたちを対象に、誘拐などの犯罪被害にあわないための指導を人形劇で分かりやすくお伝えしています。是非、お子さんと一緒に動画を見て、日ごろからできることを家庭で話し合ってみましょう。

「防犯指導班ひまわり」動画~子どもの犯罪被害防止前編~(YouTube/新しいウィンドウで開きます)
「防犯指導班ひまわり」動画~子どもの犯罪被害防止後編~(YouTube/新しいウィンドウで開きます)

・「子ども防犯テキスト みんなで気をつけようね」
 警察庁が作成した「子ども防犯テキスト  みんなで気をつけようね」は、お子さん向けのページと保護者・学校関係者の皆さま向けのページで構成されています。
 お子さん向けのページはイラストやクイズを活用し、興味を持って学べる内容となっていますので、是非ご活用ください。

「子ども防犯テキスト  みんなで気をつけようね」ダウンロードはこちら(警察庁ホームページ/新しいウィンドウで開きます)

  • アンケートにご協力ください

     このページの内容についてアンケートを作成しましたのでご協力をお願いいたします。
     お答えいただいた内容は今後の防犯啓発活動の参考にさせていただきます。

    アンケートはこちら(所要時間約2分・4問)
     アンケート回答期間:令和2年11月1日から令和3年2月28日まで



  • 関連ダウンロードファイル

    GET ADOBE READER

    PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

    この記事についてのお問い合わせ

    中央区役所/区民生活部/総務課 
    電話番号:048-840-6013 ファックス:048-840-6160

    お問い合わせフォーム

    ページの先頭に戻る

    イベント情報

    イベント情報一覧を見る


    表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

    ページの先頭に戻る