ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年1月31日 / ページ番号:C077297

「第6回区の花バラの写真コンクール」の入賞・入選作品を発表します!

このページを印刷する

「第6回区の花バラの写真コンクール」の入賞・入選作品を発表します!

「第6回区の花バラの写真コンクール」に、たくさんの御応募ありがとうございました。
市内外から寄せられた応募作品総数91作品の中から、入賞・入選作品を発表します!

なお、下記の期間に入賞・入選作品を展示しておりますので、区役所にお越しの際には、中央区内で撮影された素敵なバラの写真をお楽しみください。  

                        記    

1 期間 令和3年2月1日(月) ~(土・日曜日、祝日は除く)

2 場所 中央区役所2階 廊下

入賞作品


最優秀賞
「バラの女神」 又賀 義信さん
最優秀賞「バラの女神」
(審査員からの講評)
○ 写真の撮り方についてよく考えられており、夕日の配置が非常に良かった
○ 時間帯や太陽の角度など簡単に取れるものではなく、この作品にかけた努力が伝わってくる
○ バラの咲き具合も良く、撮影のタイミングが完璧

区長賞「みちのく旅人を見送る」 田野倉 圭亮さん
区長賞「みちのく旅人を見送る」
(審査員からの講評)
○ 青空とピンク色のバラの色合いがよく、アングルも今までにない斬新なものである
○ 写真に写っているつるバラは本来春にのみ咲くもの。秋に咲いているのは珍しく、題材もとてもよかった
○ JR与野本町駅や新幹線、バナーが写っていることから「中央区」を感じられる

審査員特別賞「雨にもめげず」 山口 美弥子さん
審査員特別賞「雨にもめげず」
(審査員からの講評)
○ 作品がタイトルそのもので、鳩だけでなくカメラマンも雨にめげず作品を撮影している様子が浮かぶ
○ 鳩とバラという題材のコントラストがよく、バラの色合いも強すぎない
○ 傘を差した人が奥に写っていることで、雨が降っているのが伝わりやすい

優秀賞「バラのまちへようこそ」 伊藤 道雄さん
優秀賞「バラのまちへようこそ」
(審査員からの講評)
○奥の看板にもあるとおりの「バラのまち」にふさわしい一枚
○「区役所のバラってこんなに咲いているんだ」と、日常の中の美しさに気づかされる作品

優秀賞「一花のバラ」 直井 順さん
優秀賞「一花のバラ」
(審査員からの講評)
○ 青空と雲、バラの配置やアングルがよく、センスの良さを感じる
○ バラは枝先で3~4輪まとめて咲くことが多いため、高い位置で1輪のみを撮影するのは難しいアングル
○ バラの気高さを感じさせる作品

U-18特別賞「ひとめぼれ」 荻野目 真結さん
U-18特別賞「ひとめぼれ」
(審査員からの講評)
○ 赤がうまく配置されており、写真の構図がよい
○ 手前のバラが力強い印象を与えてくれる

入選作品
 

「仲良し」 張替 政雄さん                 「孤高の赤い薔薇」 田中 伸一さん
入選「仲良し」             入選「孤高の赤い薔薇」

「秋を愉しむ」 田山 雄史さん               「天使のバラ」 高橋 範人さん
入選「秋を愉しむ」     入選「天使のバラ」

「小春日和の公園で」 金子 治広さん            「ネット裏の彩り」 五十嵐 京子さん
入選「小春日和の公園で」     入選「ネット裏の彩り」

「まず1枚」 藤井 裕子さん                「静かな時間」 髙橋 政春さん
入選「まず一枚」               入選「静かな時間」

「広場の彩り」 深谷 光夫さん               「幸せ家族」 花島 敏夫さん
入選「広場の彩り」     入選「幸せ家族」

「つるバラの咲く小径」 徳本 満さん            「やさしい気持ちで」 野口 未菜子さん
入選「つるバラの咲く小径」     入選「やさしい気持ちで」

「南中のバラたち」 吉原 誠士さん
入選「南中のバラたち」
             

この記事についてのお問い合わせ

中央区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-840-6020 ファックス:048-840-6161

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る