ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年8月2日 / ページ番号:C082842

区長あいさつ(令和3年8月)

このページを印刷する

◆ 区長あいさつ(8月) ◆

  連日、厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  先日、開校150年を祝し区内で活躍するアーティスト「寿の色」さんがベースを描き、全校児童と教職員等が手形のグラデーションで
 彩った与野本町小学校の「虹の壁画」に参加させていただきました。コロナ禍でもこの様な事業を通じて、学校や地域の皆様と連携した
 作品にすることができてとても嬉しく思います。
  夏の暑さで疲労が蓄積します。さいたま市のホームページで「自宅で運動」と検索すると手軽にできる様々な運動を紹介しています。
 軽い運動をして睡眠も十分にとり体調を整えて、この暑い時期を乗り切りましょう。              中央区長 近藤 裕司

    区長と校長
                          (「虹の壁画」の前で与野本町小学校 森校長と一緒に)

    全景


【7月のアルバム】

 〔さいたまブロンコスバスケットボール教室〕
   東京2020オリンピックのバスケットボール競技がさいたまスーパーアリーナで開催されることを記念して
  中央区で初めてのバスケットボール教室を行いました。
   指導して下さったのは、さいたま市をホームタウンとするさいたまブロンコスバスケットボールチームの
  選手の皆さんです。
    選手と区長
            左から、野原暉央選手、中野広大選手、区長、新川敬大選手、吉川治耀選手
                                       (令和3年7月3日)

    ドリブル練習
    小学校1~3年生の部と4~6年生の部に分かれて、それぞれ1時間ずつ行いました。

    ボールコントロール
    低学年の部では選手との触れ合いを中心に、パス、ドリブル、シューの練習をして最後に選手とミニゲームを行いました。

    シュート
    高学年の部では、パス、ドリブル、シュートの練習も高度になりました。
    ミニゲームでは、選手たちが豪快なダンクシュートや華麗なドリブルで子供たちを楽しませてくれました。

 ◎7月の区民ギャラリー(市民食堂)は、浦和レッズ関連の写真を展示しました。

    ポスター   

    レッズ
     浦和レッズは、百年を超す歴史と伝統のある「サッカーのまち」に誕生し、さいたま市をホームタウンに
    活動して、多くのファンに支えられているプロサッカークラブです。

    レディース
     日本サッカー協会(JFA)は、日本女子サッカーリーグ ( なでしこリーグ ) をさらに発展させ女子プロ
    サッカーリーグ(WEリーグ)を今年からスタートさせます。
     昨年のなでしこリーグ・チャンピオンである浦和レッドダイヤモンズ・レディースは、呼称が「三菱重工
    浦和レッズレディース」にかわりWEリーグの11チームの一つとして参加しています。
                   (WEリーグのWEは、Women Empowermentの略です。)

    レッズローズ
     中央区では、「バラのまち中央区」をPRするため、区内の企業等、浦和レッズや中央区バラサポーターと
    連携してバラの植栽活動を実施しています。


 【今月の主なイベントのご紹介】

  ◎ 8月の区民ギャラリー(市民食堂)は、「絵手紙ボランティアさなえの会」の御協力のもと絵手紙作品を展示します。

この記事についてのお問い合わせ

中央区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-840-6013 ファックス:048-840-6160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る