ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年12月28日 / ページ番号:C085145

区長あいさつ(令和4年1月)

このページを印刷する

 ◆区長あいさつ(1月)◆
     新年明けましておめでとうございます。
     区民の皆様のこの一年が、ご健勝で幸多き年になると共に、何事も順調に進まれることをお祈り申し上げます。
   彩の国さいたま芸術劇場の次期芸術監督の近藤良平さんといえばダンス。対談前までは、ダンスは敷居が高いと思って
  いましたが、ご一緒にダンスをしたいと申し出たところ快諾していただき、写真の様にポーズをするたびに笑顔が自然と
  こぼれ、楽しい時間を過ごすことができました。また、「体を使って表現する」ということを楽しく学びました。
   今後も、「芸術のまち中央区」の所似たる彩の国さいたま芸術劇場と連携して、地域の皆様に楽しんでいただけるまち
  づくりに取り組んでいきます。                               中央区長 近藤裕司

   区長と芸術監督
     令和4年4月から「彩の国さいたま芸術劇場」の芸術監督に就任される振付家・ダンサーの近藤良平氏と
    「彩の国さいたま芸術劇場」でお会いしました。      (写真撮影のため、マスクを外しています。)

〔彩の国さいたま芸術劇場〕
   昭和50年代に埼玉県が複合文化施設として計画し、平成6年(1994年)10月に開館した「彩の国さいたま
  芸術劇場」は今年で28周年を迎えます。
   「彩の国さいたま芸術劇場」は、舞台芸術の場として、演劇、舞台、音楽、映像ごとに4つの専用ホールを備え、
  「創作する歓び」「育むことの大切さ」をコンセプトに大小6つの稽古場とオーケストラ練習も可能な大練習室を
  含む音楽練習室が6室あります。

   劇場 

〔彩の国さいたま芸術劇場に新たな芸術監督〕

   芸術監督1
    
   芸術監督2
    「彩の国さいたま芸術劇場」の次期芸術監督に振付家・ダンサーの近藤良平氏が令和4年4月から
   就任することになりました。

   対談
    「彩の国さいたま芸術劇場」の芸術監督就任に向けての思いを近藤良平氏からお聞きしました。

   振付
    ダンスの振付を教えていただきました。(左から、近藤良平氏、近藤区長)
                            (写真撮影のため、マスクを外しています。)

◎12月の区民ギャラリー(市民食堂)は、中央区美術家協会と中央区の共催による絵画部門【後期】の展示を
  開催しました。
   ポスター
   
   左側

   右側
    中央区美術家協会には、6部門のジャンルがあり、その中で日本画と洋画の後期の展示を開催しました。

【今月の主なイベントのご紹介】
 ◎1月の区民ギャラリー(市民食堂)は、中央区の見どころを紹介する「名所写真展」を行っています。

この記事についてのお問い合わせ

中央区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-840-6013 ファックス:048-840-6160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る