ページの本文です。

周産期母子医療センター(院内名称:成育母子医療センター)

ごあいさつ

当院の基本方針に「救急、周産期母子、がん医療を積極的に推進する」と謳われています。この方針を実現すべく平成13年10月周産期母子医療センターが開設されました。3階建ての旧周産期母子医療センターは、1階が外来部門で産婦人科外来と新生児内科のフォローアップ外来、2階は母体・胎児部門(産科担当)、3階はNICU/GCUを含めた新生児部門(新生児内科担当)という構成で、主に産婦人科の産科部門と新生児内科の二つの科で運営されていました。
 2019年12月の新病院オープンに伴い、周産期母子医療センターは新病院の5階フロアに移り、名称を「成育母子医療センター」と変更しました。従来の母体・胎児病棟(産科)、新生児病棟(新生児内科)、周産期外来(産婦人科、新生児内科)に、小児病棟(小児科、小児外科系)を加えたフロア型母子医療センターになり、母親の妊娠期、児の胎児期から新生児、乳児、幼児、学童、思春期、成人期と切れ目のない医療を提供できる体制になっています。

所長 池田 一成

診療内容

 一人一人完結型のブース仕様となっており、プライバシーの保護にも配慮しております。また待合も、婦人科と産科で様々な疾患の方に配慮した空間をもうけております。

外来・診療エリア 

NST室
NST室
陣痛室
陣痛室


分娩室
分娩室
手術室
手術室


LDR室
LDR室


病棟エリア

病室
病室
病棟
病棟


産科セミオープンシステム

セミオープンシステム平成24年5月より埼玉県内では初めての試みとして産科機能的役割分担を明確にした当院独自のセミオープンシステムが稼働しています。
対象は当院に受診されたリスクの低い妊婦さん、分娩施設を持たないクリニック等に妊婦健診中で当院での分娩を希望される妊婦さん、分娩施設で受診され分娩時のリスクが予想される妊婦さんです。いずれも当院初診時にリスクスコアをつけていただきます。さらに妊娠初期に当院で医療連携共通カルテ(妊婦自身が常時携帯)を作成し、妊婦さんが希望される近くの1次診療施設へご紹介し、妊婦健診を受けていただきます。妊娠期間中は夜間休日を問わず緊急時は24時間体制で当院が責任を持って対処するシステムです。
妊娠共有カルテその後一番リスクが高い時期にあたる妊娠35週前後から分娩までは当院で管理対応 し、出産後の健診はご希望によりもとの1次診療施設へ再度紹介し受診していただきます。
このシステムの利用により妊婦さんもより近くの医療施設での健診ができるようになります。また当院での外来の混雑を軽減し、より多くの時間をハイリスク妊娠の診療に充てることができ、母体搬送・救急搬送への受け入れ対応も充足可能となります。
また、さいたま市内の産科病診連携システムがさらに円滑に密に機能し、妊婦さん にとってより利便性があり、安全で安心した妊娠、出産、育児ができる環境作りとなることをめざしております。

現在まで順調に推移し、さいたま市内の産婦人科連携登録施設も25施設と増加し、問い合わせや利用希望者も増加しております。

安産教室
アットホームな安産教室
カンファレンス
新生児内科とのカンファレンス


お悩み相談
臨床心理士によるお悩み相談

病棟に常駐しているのでお気軽にお話しできます
(火・木)

スタッフ

スタッフとベッド数

周産期母子医療センター産科部門の病床数は42床(重症個室4床を含む)、分娩室2床、陣痛室4床、周産期手術室、蘇生室となっています。
スタッフは産婦人科医師7名(常勤医師5名、後期研修医2名)、助産師23名、看護師8名が勤務しております。
今後、大学にこだわらず各専門医をめざす常勤医、日本産科婦人科専門医を目指す後期研修医の研修施設として多くの産婦人科医師を現在募集中です。

また託児所が完備しており(24時間体制、病児保育も可能),妊娠、出産、育児を考慮した勤務体制など女性医師にとっても働きやすい環境です。

託児01
院内託児所(行事も充実しています)
託児02
院内託児所


臨床実績

平成29年度の全体的な傾向として、ハイリスク合併症妊婦、胎児構造異常、多胎など外来紹介患者が増加傾向を示し紹介受診者は71.8%を占めました。
平成24年より県内担当ブロック制による母体・新生児搬送コーディネーターシステムが稼働し、当院はさいたま市全域(約11000人出産)の周産期母子・
新生児搬送受入れ担当施設として指定を受けています。今後もさいたま市内のハイリスク妊娠の受け入れ100%をめざすとともに県内の周産期医療の充実にむけて
貢献してゆきたいと考えております。

平成29年度の年間分娩数は838件(多胎39件)、出生児数852人、帝王切開件数360件(帝王切開率43.0%)、緊急帝王切開件数147件(40.8%)、母体搬送依頼217件、受け入れ件数172件(搬送受け入れ率79.3%)でした。
分娩の推移母体搬送件数
母体搬送のうちわけ母体搬送・セミオープン

市民の皆さんへのメッセージ

当院で出産される皆さまへ

妊娠おめでとうございます。
私たち病院スタッフ一同、皆様が健康な赤ちゃんを無事出産されるためのお手伝いができることを大変うれしく思っております。

私たちは以下のことを目標に対応しております。          

  1. 母子ともに安全な出産をすること
  2. 産婦に安心感、快適さを与え分娩経過を正確に伝えること
  3.  母体および胎児にたいする評価と、異常に対する適切かつ迅速な対応をとれること
  4.  夫および家族の分娩支援をサポートすること

ご妊娠おめでとうございます(リーフレットPDF形式 3,336キロバイト)

当院にご来院の妊婦さんへのお願い

ご妊娠おめでとうございます。このたびは当院にご来院いただき有難うございます。私たちスタッフ一同皆様が無事ご出産されることを心より 願っております。
さいたま市の病院として市民の皆様のニーズに答えるため、また私たちの目標であります安全性と快適性を提供するためスタッフ一同努力をし ております。
そこでさいたま市の周産期医療の維持のため当院の果たすべき役割を考え、 以下のことをご提案(お願い)させて頂きたいと思います。

  1. 分娩は予約制とし状況により分娩制限をさせて頂きます。早めに分娩予約をしていただけるようお願い致します。(里帰り出産の方はご家族の方でも結構です。)
  2. 合併症のない妊婦さんはなるべくセミオープンシステムを活用させて頂いております。ただし妊娠中に何らかの異常が発生した場合は いつでも当院でお引き受け致します。
  3. 原則として市内在住の妊婦さんを優先にさせていただきます。
  4. 原則として当院で分娩予定の妊婦さんを優先させていただきます。そのため妊婦健診のみの場合はおことわりさせて頂くことがあります。

何卒宜しくお願い申し上げます。
さいたま市立病院産婦人科

このページの先頭へ